阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第150回 『アロマオイル(第5回お話ライブのお土産話その4)』 2014年7月5日

おかげさまで2年目に入った「お話&JAZZライブ」、そのお土産話のよっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『アロマオイル』

彼女の話をしよう。名前は、カオル。
ほのかに漂う花の香りのような女。
透き通る肌をして、透き通る微笑みで語り
透き通る声で歌い、透き通る瞳で怒る。
不思議な女。
朝は、ローズマリー
昼は、シトラス。
夜は、ラベンダー。
花の香りを集めて、野原にまくのが仕事。。
もえる香りを集めて、世界にまくのが仕事。

お題*M・A
曲* 酒と薔薇の日々
読み手*小西裕

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

 今回のライブでの、わたしの新しい挑戦の一つが、いくつかのお話に、同じキャラクターを登場させて、ゆるやかにつながるお話を書くことだったのだけれど、オープニングの緊張とコーフンと、ハプニングの連続で忘れたままきてしまって、4本目のお題を引いていただいてから、ハタと、しまった、このままだと全く試みることすらできない、と気づいて焦り、なんとかこの1本で、このあとのお話につながるキャラクターを創造しようとしたのが実は、この「カオル」さんだったのであります。だけれども、音楽の雰囲気と、アロマオイルというお題が結びついて、なんだか夢幻的な雰囲気になったままどうにも抜けられず、どうにも小説の主人公っぽく生き生きしたキャラクターになってくれなくて、書いては消し、書いては消し、苦しんだ末、さっぱりカオルさんがどういう人だかわからない上に、かように短くなっちゃって、こういうときは、声のいい人に頼むしかない、と、困った時の小西さんに読んでいただいて、なんだかよくわからないけれど、ステキっぽかった……という印象を与えることに成功……した……のではないかと思われる……今回のライブ、前半で一番汗をかいた1本。で、お察しの通り、何本かをゆるやかにつなげてひとつのお話を書くというこころみは、これにて終了したのでありました。という、これは番長にすら打ち明けていない、まったくの裏話。

 ところで、朝はローズマリー、夜はラベンダー、は夢幻的妄想ではなく、本当です。特に、寝起きのローズマリー、とてもすっきり目が覚めます。お・す・す・め!です。


智恵

2014年7月5日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」