阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第153回 『たなばた(第5回お話ライブのお土産話その3)』

おかげさまで2年目に入った「お話&JAZZライブ」、そのお土産話のみっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

 『たなばた』

あめだね。
たなばたなのに きっと よるまで あめだね。
おりひめさまと ひこぼしさまは どうするの?

パパが いった。
だいじょうぶ。
ほんとうの たなばたは いんれき と いって
むかしの かぞえかたで いえば
もっと あとの つゆが おわってからの
きせつに なるんだよ。
ちょうど ほしが きれいな ころだよ。

ふーん よく わからないよ。

ママがいった。
だいじょうぶよ。
あめが ふっても だいじょうぶ。
あいしあう ふたりにとって
かささぎの はしは
こころの なかに いつも かかって いるのだから
ちょうど ママと フウタくんが
いつまでも いつまでも いっしょに いられるようにね。

そうなの?
それなら どうして ママは
すこし かなしそうに しているの?

フウタくんが どんなに たいせつかを かんがえると
すこしだけ なみだが でてしまうからよ。
それは かなしいこととは ちがうのよ。
パパと ママが
どれだけ フウタくんといて
たのしいかって ことなのよ。

お題*クマノフウタ
曲* めぐりあい
読み手*山口三重子

 

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

昨年も同じ時期にお話ライブをして、「七夕」のお話を書いたっけ、とリハーサルの時も皆で話したりして、当然、「七夕」のお題は出ると思ってました。だからといって、あらかじめ準備したりは一切していません。しかし、お題を下さったのが二歳のフウタくんというのには、さすがに意表をつかれました。もっとも、お題用紙には、お名前の後に(代理)と書かれていたので、パパかママのどちらかが考えてくださったお題なのでしょうけれど。
 おりひめとひこぼしが、ほんとのところどれくらい愛しあっていたかは、わたしは知らないんだけど、フウタくんとパパとママ、三人の様子を見ていたら、ちょっとくらい雨が降ったからって、どうにかなっちゃうようなら、そんなのはぜんぜん、愛じゃないよねって、そんな気がしてきたんですよねえ。


智恵

2014年7月5日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」