阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第149回 『崖の上のポニョ(第5回お話ライブのお土産話その2)』

おかげさまで2年目に入った「お話&JAZZライブ」、そのお土産話のふたつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『崖の上のポニョ』

海で生まれたの。
海は、ひろおおおおおい。
海は、おいしいいいいいいい。
いもうとたちが、たくさんいるの。
ママは、おおきいいいいいい。
パパは、えらああああい。

みんな、知ってる?
海は、なんでもあるよ。
海は、ちからづよおおおおおおい。
海は、生きてる。

にんげんは
海の中に入ると、いきが できないんだってね
どうして? 海の中は、さんそでいっぱいだよ。
海の中には、山もあって、川もあって、みんな生きているよ。

にんげんは
せかいじゅうを じぶんのものにして
なにも しらないことは ない と おもっているけど
ポニョは しっているよ
にんげんは なあああああんにも しらないってこと

だけど ポニョは にんげんが すきだよ。

お題*K・K
曲* サンタルチア(演奏・Three Layers&樋口正夫)
読み手*阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

今回は、豪華ゲストとして名乗りを上げてくださっていたのが、1曲目に早速登場の東京シーガルの女性たちと、こちらの樋口正夫さん。リハーサルの時、お持ちの曲『サンタルチア』を聞かせていただいて、何か、海っぽいお題が来たら、ステージにお呼びしようと思ってました。そしたら2枚目にして、このお題。全体的な構成をまったく考えていないわたし、樋口さんをお招きしてしまってから、あらら、のっけからゲストの曲を続けてしまうというのは、あまりに無計画だった……といっしゅん反省したけれど、ま、いいや、とすぐに思うのもワタクシなのでして、穏やかな波に乗って、ポニョと遊んでみました。実は実は、あの映画の公開当時、何人もの方に、ポニョに似ているね、そっくり、と言われたわたし。ピュアな気もち(のつもり)で、読み手もつとめてみたけれど、お客様の感想を聞く勇気は、ございませんでした。

 


智恵

2014年7月5日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」