阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第157回『夏の海(第5回お話ライブのお土産話その10)』

おかげさまで2年目に入った「お話&JAZZライブ」、さいごのお土産話です。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆
『夏の海』             

まだ若かった両親が、赤ん坊の僕を連れていってくれた写真が残っている海に、
友だちと皆で行く。
皆で行った海に、一人で行く。
一人で行った海に、二人で行く。
二人で行った海に、また一人で行く。
一人で行った海に、今度は何人もで行く。
大勢で行った海に、やっぱり二人で行く。
また今度も二人で行く。
いつもの海に、二人で行く。
二人で行く。二人で、二人で、二人で何度も行く。
それから。
二人で行った海に、子どもと三人でいく。
三人で行った海に、四人で行く。
四人で行った海に、大勢で行く。
大勢で行った海に、また二人で行く。
二人で行く。
二人で行く。
二人で、二人で、二人で行く。
夏の海に、君と二人で行く。
夏の海に、君と何度も行く。
君と、僕とで、何度も、何度も、何度も、行く。

お題*Elly
曲* いそしぎ
読み手*加藤義宗

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

加藤健一事務所での、阿藤智恵翻訳家デビューの時、健一さんと並び立つ主役を演じられた義宗さんが、先ごろご結婚なさいまして、ご夫妻でのお越し。何か読んでくださるお約束だったので、最後になりましたがお二人にささげる愛の詩を。肝心の、彼女のご感想は、とても奥ゆかしい方のようで、伺うことができませんでしたけど、義宗さんがうんと心をこめて読んでくださったので、きっと喜んでいただけたと(勝手に!)信じます。お話の後、どうぞご紹介ください、と促したら「あ、最近結婚しました! 妻です!」とおっしゃって、その言い方がとても素敵で嬉しかった。

さて、過去4回のライブで、いつも、今、何時なのか、いくつめのお話なのかがわからなくなってしまって、はっと時間をみて驚いて、後でお話を数えて驚いて、ということを繰り返してきました。そのたび、ひとつずつメモを取って進めればいいのに、と思いながら、そんな余裕をもてないまま1年。とうとう、今回、メモとりに成功し、そして、このお話が10個目で、時間もちょうどいいし、ここまでにしましょう、と自分で決めることができました!

あとは、舞台上でお話を書いて、印刷して、読みあげてもらって、そこでファイルを保存、というのを毎回いくつかし忘れて、記録映像から書き起こしをするはめになるのがもう一つの課題だったのですが、家に帰ってみたら、今回もすごく気をつけたつもりでやっぱりひとつ忘れてた。残念! 次回の課題です。

オープニングを華やかに飾ってくださった東海シーガルの皆さんを再びステージに呼んで、アンコールはにぎやかに”SING SING SING”。私は入れ替わりに客席にまわってみました。お話を書かずに音楽を楽しんだのも、5回目にして初めてだったのでした。


智恵

2014年7月5日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」