阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第148回 『ネイマール(第5回お話ライブのお土産話その1)』

おかげさまで2年目に入った「お話&JAZZライブ」、そのお土産話のひとつめです。

 

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『ネイマール』

こんなことってあるのか。
もちろんわかっていた。
サッカーは格闘技。
スポーツの名を借りた戦争と呼ばれている。
祖国ブラジルは、苦闘の歴史を持っている。
差別の中でつちかわれてきたカポエイラの技術が、
ブラジルのサッカーを華麗に、強くした。

もっとも。

俺は、ブラジル人じゃない。
サッカーをやっていない。
当然、ネイマールの気もちなんかわからないし
しかも、サッカーファンでもなくて
家にはテレビさえない。
当然、そのシーンだけじゃなく、
ワールドカップ自体、とうぜん見てないし
どっちかというと、ワールドカップに浮かれるやつらには
反感を持っていたけれど
皆に話を聞いたら、
皆の脳裏に浮かぶ、そのシーンを、見たような気がして
そしたら、悔しさがこみあげた。

世界に平和を。 ブラジル人のサッカーは、
人々の怒りと、忍耐力と、生きるエネルギーが、
作りだした芸術だ。

お題*小西裕
曲* BAD (演奏・Three Layers &東京シーガル)
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

このライブも回を重ねるごとに、お題用紙が順調に集まるようになりまして、ありがたいことでございます。たくさんのお題をずらっと並べると、どうしていいかわからなくなってしまうので、なるべくお客様に引いていただくようにしています。当然、ハプニングは予想されました。全く手も足も出ないお題が出るのではないかと。リハーサルではそのあたりも考え、親しい人に頼んで、わざと、阿藤智恵、これは知らんだろうなという意地悪お題をいただいて、訓練もしてきました。だけど、お客様はお優しい。5回目になるまで、そういう運命のいたずらにはあわなかった。少なくとも意味のわからない言葉、なんのことだかさっぱり見当もつかないお題というのは、ひとつも出てこなかった。

ところが、今回。一番前の、わたしの席に近いところに座っていた小西さんに、用紙を引いてもらいましたらば、彼、見事にご自分のお題を引き、そして見事に、わたしの口はぽかんと開いてしまったのでした。

ネイマールって、何?

しかし、どんなお題が出ても、決して「それは何ですか?」尋ねることはなく、自力でどうにかしようと考えてはいました。見た瞬間、あの手で行くか、この手で行くか、と頭を働かせつつ、しかし、ネイマール、と口にした途端、<番長>山口三重子さんが「BADじゃない?」と、ゴスペルコーラス東海シーガルの皆さまをステージに招き、6人の女性が並ぶまでに時間があって、ああ、なんとしたことか、目の前の小西さんに「ネイマールって何?」と尋ねてしまった……!

さすが優しい小西さん、サッカー選手です、と教えてくれて、そんでもさっぱりわからないわたしに、会場のあちこちから、そしてステージ上の歌い手さんからも、ネイマール氏がその朝、どのような痛ましい事故によって負傷なさったかという話が身振り手振りで披露され、聞いてるうちに、ま、このお話のようなことに、なったわけなのでした。「こんなことってあるのか」は、思わず出た、わたしのホンネ。

なんとかかんとか書き終えて、三浦千枝さんに読んでもらったら、なんにもしらなかったのに、こんだけ書いたぞ、とガッツポーズが出たけれど、ごまかしの作であることはバレバレだったもんなあ、誰も感心してくれなかった。トホホ。いやはや。ワールドカップ、みんな見てるのね。会場で彼の名を知らなかったのは、わたしだけの様相だった。でも、みんな優しかったわ。嬉しかったわ。ちなみにこの小西さん、前回のライブでは最後のお題になった『便乗値上げ』のお方。ちょっと不思議な、巡り合わせ。


智恵

2014年7月5日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」