阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第145回 『熱(第4回お話ライブのお土産話その9)』

昨年の夏の初日に始まって1年をひとめぐり、4回目が終わりました「お話&JAZZライブ」。
そのお土産話のここのつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『熱』

こんなことになるとは思わなかった。
こんな、こんなことになると思わなかったんだ。
あの時に戻れるなら、あの瞬間に戻れるなら、わたし、あの人の目を見ないで、くるりときびすを返して、駅に戻って、そのままタクシーに乗って、まっすぐ家に帰る。
わたしは、そうしなかった。
わたしは、そのまま、あの人と歩き続けた。だから、こうなっている。
今も、わたし、熱の中にいて、夜も、昼も、うなされている。
熱は、いつか、冷めると思った。
短い熱なら、身を任せてしまえばいいと思った。
炎は、燃え続けることがあるのかしら。
こんなことになると思わなかったの。
短い恋は、すぐに燃え尽きて、楽になれると思った。
あの人のことを、すぐに忘れると思ったの。
冷たい水を、ください。

お題*かえる
曲* Summertime
読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

このライブを始める時に、山口さんがおっしゃるには、「お話を読むのはいいけど、ロマンティックなのは大の苦手!そういうのは、他の人に振ってください」そんなことを言われたら、どうしたってやりたくなります。その場で「山口三重子を困らせる会」を作り(一人で)会長を名乗ることに決めたんです(勝手に)。で、毎回なんとかそれらしいものをひねりだしては、山口さんに読ませているのだけれど……やっつめの「鉛筆のけずり方」も、もちろんそのつもりで書いたんだけど、すらっと読まれてしまったので、奥ゆかしいのはだめらしい、もっと直球勝負で行こうと試みた。が、アシスタント三浦千枝からも思わずダメ出しがとびだすほどのあっさり味に処理されてしまいました。これはおかしい、どうしたことか?と思い、どんなイメージで演奏したのですか、ときくと、「風邪で寝込んで高熱が……」と山口さん。それはトリオのお二人にもちゃんと伝わっていて、二人とも布団の中でうんうん、うなっていたのだそうで、番長を困らせるべく熱い恋をがんばっていたのはわたし一人、どうやら、“病み上がり”の山口さんには、これしきの恋では、きかなかったもよう。残念、「山口三重子を困らせる会」は休会の巻。ううむ、残念。次回は必ず、派手に活動してみせます!


智恵

2014年4月13日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」