阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第144回 『鉛筆のけずり方(第4回お話ライブのお土産話その8)』

昨年の夏の初日に始まって1年をひとめぐり、4回目が終わりました「お話&JAZZライブ」。
そのお土産話のやっつめです。

 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『鉛筆のけずり方』
              

鉛筆は、そうっと削る。 
静かなこころで削る。 
芯を折らずに、きれいな形のえんぴつに仕上げるには、そうっと、でも、ちゃんと力を入れて、丁寧に、丁寧に、削るんだ。 

そう、画家は言った。 

静かな声で、そう言って、鉛筆を、ゆっくりと削る画家は、もう、彼の絵の中にいるみたいだった。 
それが、彼との出会い。 
鉛筆の削り方。 
それから、あたしは、鉛筆を削るみたいに、彼との距離を、縮めてる。 
そうっと、でも、ちゃんと力を入れて、丁寧に、丁寧に。
               お題*A・I
               曲* 即興
               読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

「鉛筆の削り方」……? それっぽいナンバーを決めかねているトリオのみなさんに、1曲くらい、即興でいきましょうよ、とお願いしてみました。丁寧な鉛筆削りを、何本も、何本も、繰り返すうちに、ちゅうりん庵に鉛筆工場が出現した感じでした。きれいにとがった鉛筆が、まっすぐ、きれいに並んで、ぴかぴか、つんつん、次々にあらわれて……お三方の真面目さ、緻密さ、その中からほのみえるおかしみがぞんぶんに味わえる曲になりました。そういえば、前回ライブで「模擬試験」のお題で生まれた即興曲も、雰囲気は全然違うけれど、言ってみれば真面目で緻密な音楽だったっけ。お三方に限らず、音楽って自由さの反面、真面目で、緻密で、細部まで目を凝らし、間違いをひとつも出さないような、そんな几帳面さが必要な、世界なんだろうなあ。それは、もちろん演劇も同じなのだけれど、いや、でも、だいぶん、違う気がします。そうして、考えてみれば、自由であることと、真面目で、緻密で、几帳面であることは、きっと、同じことなんだろうなあって気もします。そんな音楽にうながされて、緻密で、真面目で、丁寧で、繊細な、大切に育まれる恋のお話を書きました。


智恵

2014年4月13日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」