阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第143回 『オーディション(第4回お話ライブのお土産話その7)』

昨年の夏の初日に始まって1年をひとめぐり、4回目が終わりました「お話&JAZZライブ」。
そのお土産話のななつめです。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『オーディション』 
             

あなたの一番いいところを、明るい光にかざして、 
目の前の人に、見せればいいんだよ 
そう、おばあちゃんが言ったから 
みんなが嫌いなオーディションの日 
わたしは、元気。 

緊張する…… 
吐きそう…… 
セリフ、出てこなくなりそう…… 

みんなが青い顔をしていても、 
わたしの上には、いつもスポットライト。 
たとえ、冷たいコンクリートの地下室で、 
蛍光灯でのっぺり照らされたよそよそしい部屋でも 
わたしの心は劇場にいて、 
わたしだけのために用意されたまばゆい明かりを浴びて 
輝く微笑みを、客席いっぱいの人たちにプレゼントする。 
そうして、オーディションに落ちても、(しょっちゅう、落ちるんだけれど) 
わたしは、元気。 
わたしだけのためのステージに、わたしはあのとき確かに立ったのだから。
               お題*明樹由佳
               曲* ON THE SUNNYSIDE OF THE STREET with せきみちお(tb)
               読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『ON THE SUNNYSIDE OF THE STREET』は養成所時代、レッスンで歌った曲でした。卒業前、最後の歌の発表会でも、同期5人でこれを歌い(の、はずが一人たおれて入院して、本番は一緒にできなくて、たしかそのあと、あらためて集まって歌ったのじゃなかったかなあ……ああ、昔のことすぎてはっきりしたことを忘れてしまった……)、同期と言ってもほんとにばらばらな5人でしたから、なにかを5人だけでやったのはこの稽古が最初で最後、思いのほか楽しくて、歌詞の内容にもマッチして、とても明るい思い出なのです。

「陽のあたる道で」と訳されていると思うのだけれど、ON THE SUNNYSIDE OF THE STREET、つまり、片側は日が当ってて、片側は日陰になってる道の、日が当っている側で、ということなのですよね。同じ道を歩くにも、日のあたる側と、日陰の側がある。それなら、何がなくてもロックフェラーよりリッチな気もちになれる、日のあたる側を歩いていこうよ、というそれが、養成所を卒業(というか、正確には、3年間在籍して、ちゃんと卒業したのは5人のうち2人だけで、わたしを含む3人は、2年でやめたのです)する直前の、今思えばちょっと困った感じの、不安な、でも歩き出さなきゃいけない、手の中はからっぽで、何の財産もない、そんなわたしの気もちにマッチしてて、だから『オーディション』というタイトルに、この曲が提案された時、まさにぴったり!と思いました。曲を思いついたのは良いけど、リハーサルでは想定していなかったため、コードが合う楽譜がなくて、それでも曲を変えないでと言い張るわたしのために、スマートフォンにコード進行を表示させて演奏を始めてくださった山口さん、途中で画面が暗くなり、楽譜が見えなくなって強引に手元の楽譜にあわせて転調し、他のメンバーをあたふたさせてしまったらしいのです。曲が終わるや、珍しく「言い訳させてください……」と神妙だった山口さんですが、その責任、どうやらわたしにありそうです。

トロンボーンのせきさんは、前回のライブのとき、その後にリハーサルに行く予定で楽器をお持ちだったのを山口さんにみとがめられ(?)飛び入りで舞台に上がってくださった方。
「今日は、この後リハがあるわけじゃないんですが、山口さんから、必ず楽器を持参で来い!と言われて……番長です!!」
<山口三重子=番長>説にあらたな証人あらわる!? 会場は爆笑でした。


智恵

2014年4月13日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」