阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第142回 『一人暮らし (第4回お話ライブのお土産話その6)』

昨年の夏の初日に始まって1年をひとめぐり、4回目が終わりました「お話&JAZZライブ」。
そのお土産話のむっつめです。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『一人暮らし』

一人がとくに好きなわけじゃないけれど 
それでもやってみたかった 
憧れの一人暮らし。 
朝、起きて、朝ご飯を何にしようかと考えるのが好き。 
朝、起きて、誰かが作ってくれたご飯を食べるのも好きだけど 
自分が好きなものをどんなふうに食べてもいい 
食べなくてもいいのが、好き。 
夜眠るのだって、何時になってもいい。 
一人でいると、淋しくない?ときかれるけれど 
外で働いて、友だちに会ったりして、 
それからまた家に帰って、誰かと一緒にいるなんて 
嫌じゃない?と思う時がある。 
とくに自分が好きだというわけじゃないけれど 
今、ぼくは一人で暮らしてる。
               お題*K
               曲* SING SING SING 
               演奏*早川トリオ WITH せきみちお(tb) まっすー&あっちゃん(sx) ヨシゾウ(vocal)
               読み手*あとうちえ

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

前回のライブで、楽器を始めて間もないのにステージに立った中学生のあっちゃん。恐い思いをして音楽が嫌になったらどうしようというベテラン勢の心配をよそに、もう一度やりたいと思ってくれたようで、「また行きます」「先輩も一緒にいいですか」「練習したいので楽譜をください」……頼もしいではありませんか!

どれくらいの期間でしょうか、吹奏楽部の先輩、まっすー(5つめのお話のお題をくれた彼です)と練習をしてくれたあっちゃん。ライブの当日も、なんと予告もなしに朝からやってきて、鍵のかかった扉の前で1時間も待っていた二人なのでありました。ピアニスト山口さんに、こちらにはこちらの都合があるのだから、勝手にそういうことをしてはいけませんと諭されながらも、トリオのリハーサルでしっかり練習させてもらい、そのあとは阿藤智恵のお使いで買い物に行かされ、配布物の準備を手伝わされ、そのかわりにちゅうりん庵のおいしいお弁当をミニサイズの定食にしてもらって、いよいよ迎えた本番でした。ちゅうりん庵の小さなステージに並ぶサックス2本、トロンボーン1本。そうして実はここに、ちゅうりん庵の別のイベントで山口さんにスカウトされたわたしの友人ボーカリストがマイクを握るはずだったのですが、直前に都合悪くなって来られなくなって残念……もしもここに彼女がいたら……と、思いながら演奏をきいていた阿藤智恵の脳裏に、そうだ、山口さんから託された歌い手用の楽譜が、このパソコンに保存されてるじゃないか。目の前には別の歌い手ヨシゾウちゃん。これは飛び入りさせないわけにいかない! 楽譜を探し出し、プリントできたとおもったら、なんと演奏が終わってしまったぁ!

きゃー、すみません、今プリントしたのは「お話」じゃなく、歌の楽譜なんですぅ!と言いわけを始めるか始めないうちに、顔色も変えず「あ、じゃ、歌ってください」と演奏を再開する山口さん、すぐにおっかけて入ってくる他のみなさん、こういうときに逃げないのがヨシゾウちゃんの偉大なところで、なにがなんだかさっぱりわからないのにさすがの舞台度胸で見事に歌ってくれました。自分の強引さにあきれつつ、そもそもライブの企画のとき、山口さんともくろんだのは「ハプニングライブ」であったと思い出すと、これぞハプニングとにんまりしたい気もちもあって、なにしろヨシゾウちゃんに感謝なのでした。

というような、大変なバタバタの中で、それでも書いた『一人暮らし』を披露しまして(つい最近、一人暮らしを始めたKさんのことというよりも、一人暮らし歴10年を超える、自分のことを書いてしまいました)、それからサックスコンビまっすー&あっちゃんのインタビューです。

まっすー「楽器歴は去年の5月から、最初アルトサックスやってたんです。ちょっと低いのやりたいって思ってテナーに変えて、1月からなので3ヶ月くらいです。小学校から音楽はさぼりつづけてたんですけど、吹奏楽始めてから楽しくなって、音大行きたいと思い始めてるんですが、ちょっとこっち(頭)の問題があって……」そこで山口さんがマイクをとって「センターで6割くらい必要かな」と言えば、まっすー「ちょっと、がんばんなきゃいけないです……」。そんなことより、そもそもサックス1本で生きていくには一日10時間くらい練習しないと、と山口さんが言うと、笑顔になったまっすー、「練習する分にはぜんぜんできます」と胸を張り、山口さんも「楽しみだね!」と二コリ。

一方、トークのうまい先輩のとなりでもじもじしているあっちゃんは、「感想ひとことだけ言ってよ」と水を向けてもひたすらにこにこ。前回のライブに来てくださったお客さまから3ヶ月間の上達ぶりに拍手をいただいて、さらにもじもじするあっちゃん、先輩に「練習したもんね」と言われても、うなずくばかりで声が聞けません。何か言ってよ!と懇願し、楽しかった?とたずねたら、やっと「楽しかったです」と言ってくれました。 でも、たくさん練習して、がんばって迎えた本番が、どれほど楽しくて充実していたか、ことばがなくても表情が、じゅうぶん雄弁に語ってくれていて、おばちゃんはすっかり嬉しくなってしまったのですよ。


智恵

2014年4月13日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」