阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第141回 『高校時代の部活』 (第4回お話ライブのお土産話その5)』

昨年の夏の初日に始まって1年をひとめぐり、4回目が終わりました「お話&JAZZライブ」。
そのお土産話のいつつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『高校時代の部活』

後悔するのは嫌だった。
考えている時間はなかった。
高校時代は三年間あると思われているけれど
部活の時間はそんなにない。
高校時代の部活は、正味二年間。
定期テストがあり、体育祭があり、修学旅行があり、文化祭があり、合唱コンクールがあり、日々の授業があり、宿題があり、小テストがあり、恋愛があり、親子喧嘩があり、その間を縫って、部活の時間がある。
1日は24時間、
その時間を、なにに、どう割り振るか。
大人のように、ぼんやりしてはいられない。

お題*まっすー@T.Sax
曲* ミッション・インポッシブル
読み手*かえる

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

高校時代の部活……?何部でした?わたしは、地学部だったんですよ、とピアノの山口さん。「軽音楽研究会」でジャズをやり、当時から大人とセッションしていた、とベースの田中さんが言えば、ドラマー早川さんは、部活はやってなかった、と言い、そしてわたしは言わずとしれた演劇部。曲選びに困って、その方は何部だったんですか?と山口さんが言うので、お題をくれたのは現役高校生、吹奏楽部のサックス奏者です、そうして彼らの持ち曲は、インポッシブルですよ、そうだよねえ、まっすー、とうっかり言ってしまいました。なぜにうっかりかといえば、そんなことを言ったら案の定、山口さん、じゃ、それにしよう、と言うのだし、でも、その曲はトリオのレパートリーじゃないし、リハーサルもやってないし、そんな怖いことをやったら当然怖いことになるのであって、山口さん、楽譜を持ってるからと調子よく弾き始めてから、「あれ、この楽譜、メロディーが全然書いてない!」と気づき、さすがジャズらしく斬新な運びを見せるのかと思いきや、どうにも続けられなくなったらしく、いつもなら曲が終わる前にわたしの様子に気を配ってくれる山口さんも、こんなときは冷たいもんで、いきなり突然、曲が終わってしまったからなのです!

突然の演奏の終わり、一瞬の静寂の中に「あ、終わっちゃった!」とわたしの悲痛な叫びが響き、仕方ないので書きあげたところまでをプリントアウトして、我が友かえるちゃんに読んでもらって、出題者のまっすーくんに、どうですか、と聞いたらば「そうですねえ、ジャズらしくむちゃくちゃな曲の展開で良かったです。お話のほうも、定期テストがあり、体育祭があり……ごもっともで、そのとおりだと思います」とあたたかいご感想をたまわりました。お話芸人としては、ほんとはこの後、そういう厳しいなか、何故に俺は吹奏楽部を選んだのか、という本題を、熱く語るつもりだったのですけどね。


智恵

2014年4月13日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」