阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

  • よみもの
  • エッセイのお稽古
  • 第140回 『メロディーは入るのに英語のかしを覚えられない(;_:)(第4回お話ライブのお土産話その4)』

第140回 『メロディーは入るのに英語のかしを覚えられない(;_:)(第4回お話ライブのお土産話その4)』

昨年の夏の初日に始まって1年をひとめぐり、4回目が終わりました「お話&JAZZライブ」。
そのお土産話のよっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『メロディーは入るのに英語のかしを覚えられない(;_:)』

右脳と左脳の違いじゃないんでしょうかね。
つまり、メロディーってのは、右脳でしょ。
言葉は、左脳。
しかも英語ときた日にゃ、自然と出てくるわけにゃいかないわけだから
左脳が左脳がフル回転。
ああ、メロディーは入るのに!
英語の歌詞が、出てこない。

日本人の私が、どうして英語の歌を歌わなきゃいけないんだろう。
そう思って、日本語で歌ってみたこともある。
だけど、音楽って、翻訳不能。
ゴスペルには、ゴスペルのことばがあって、
日本語の、のんびり、ぬっぺり、ぼんやりした音じゃ
ああ、このかっこよさが、出ないんだ。

右脳と左脳の連携なのか
それとも、左脳自体が悪いのか
メロディーは入るのに!
英語の歌詞が!覚えられない!
憧れだけじゃ、乗り越えられない。
英語という名の、音楽の壁。

あ、今、思ったんだけれど、
この音が、音楽の一部なら、
この音も丸ごと、右脳でおぼえるわけにいかないのかな。
やってみよう。
諦めない。泣いてる場合じゃない!
メロディーと、英語の音を、一緒に入れる!

お題*ちよちよ
曲* サテンドール
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

昨秋のライブ前のお話特訓で、女声ゴスペルグループのみなさんと早川トリオのリハーサルに、パソコンを背負ってお邪魔して、狭いスタジオの床に座って、小さなスツールにパソコン置いて、背中には壁の出っ張りがごつごつするし床は冷たくて硬いしキーボードは不安定だしマイケル・ジャクソンはイメージが広がらないし、という大変過酷な訓練をしたことを、どこかに書いた覚えがありますが、ちよちよさんはそのスタジオで歌って踊っていたメンバーのお一人。その時のライブには、グループの方々が参加してくださったのだけど、ちよちよさんは都合がつかなかったそうで、今回、楽しみにお越しくださいました。

わたしは英語には比較的親しんできた方ですが、もっぱら目で読むばかりで表現するほうにはまったく積み重ねが足りず、ちよちよさんと同じ苦しみ、何度も味わっております(コーラスもやってたし、短期間だけどゴスペルもやってました!)。あーなんで、こう、日本語のようにメロディーとことばが一体化しないんだろう? あー歯がゆい、辛い! だけど、歌いたい! どうしたって、諦められないですよね、ちよちよさん。

 


智恵

2014年4月13日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」