阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第139回 『遠吠え(第4回お話ライブのお土産話その3)』

昨年の夏の初日に始まって1年をひとめぐり、4回目が終わりました「お話&JAZZライブ」。
そのお土産話のみっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『遠吠え』

淋しくて、淋しくて、淋しい時に、思うのは
こんな淋しい夜に、ひとりなのは、わたしだけじゃないだろうってこと

ああ、
オオカミの声があれば
どこまでも、どこまでも届く声で
思いきり、吠えるのに。

どこかで、きっと、誰かが応える。

山のむこうの
川のむこうの
遠くの
遠くの
遠くの
誰かが
お前は、ひとりじゃない、と、
きっと、きっと、応えるだろう。

淋しくて、淋しくて、淋しいときに、思うべきなのは
あなたは、ひとりぼっちじゃないということ。
オオカミの声はなくても
人の思いは、どこまでも、飛んでいく。
小さな声でいい
心の中でいい
遠くの、遠くの、遠くの誰かに
あなたは、ひとりじゃない、と囁いてごらん。

きっと、誰かの声が返るだろう。
それは、きっと、こだまではない。
遠くの誰かの、遠吠えであるはずだ。

お題*ヨシゾウ
曲* Milestones
読み手*小西裕

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

また、お客さまにお題を引いてもらったら、前曲で主役の片方だったヨシゾウちゃんのが選ばれちゃいました。こういう連続、よくあります。男の人に読んでもらいたくて、目でお願いしてみた一人目には断られ、小西さんを手招きしたら、すっと前に出てくれました。涼やかな女声が二人続いた後で、小西さんの深い声が耳に心地よく、こういうとき、わあ、こんな声もあるんだ、人の声っていろいろだなあとほんとにびっくりするし、そうして、その違いこそが、喜びだなって、ひとりひとりが、そのひとりひとりであることの嬉しさを実感できる。

「遠吠え」は、わたしの戯曲『十六夜の月』に出てきます。俳優という生き物、わたしにはいつも、「遠吠え」をする動物のように見え、ヨシゾウちゃんもそうだし、小西さんも、少なくとも、わたしが彼に出会った当時はそうだったし、素敵な組み合わせになりました。そして作家という生き物も、俳優とはまた別の時間の中で「遠吠え」をしているんだろう。小西さん、ありがとう!


智恵

2014年4月13日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」