阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第138回 『ネギとのり (第4回お話ライブのお土産話その2)』

昨年の夏の初日に始まって1年をひとめぐり、4回目が終わりました「お話&JAZZライブ」。

そのお土産話のふたつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『ネギとのり』

つんとくるかんじ。
ぱりっとするかんじ。
鼻に抜ける感じ。
ご飯がほしくなる感じ。
あたたかみが欲しくなる感じ。
手をつないでいる感じ。
ぴったりくる感じ。

あなたは、わたしのたいせつな人
なくてはこまる、ネギとのり。
いなくなったらどうなるか、なんて、誰も考えたことがない。
ねぎのない世界、のりのない世界なんて
考えられますか?
おにぎりはどうします?
家庭料理の本を買って、ねぎが一度も出てこないなんて、どうします?

あなたは、わたしの、ネギとのり。
つんときて、ぱりっとして。
そうして、土と、海に、つながっている。
いつも、手をつないでいます。
いつも、そばにいる、いつも、あなたは、わたしの、ネギとのり。

お題*長谷川司
曲* My Favorite Things
読み手*ヨシゾウ

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

また、お客さまに引いてもらったタイトルを聞いて、曲目リストを眺めても、なんせJAZZですからね……「ネギとのり」っぽい曲はちょっとなあ……そこへベーシスト田中さんが妙案を! My Favorite Things、わたしの大好物ときましたか。なるほど、と、ハッピーな音楽にのって書いてたら、だんだん愛がいっぱいになってきちゃって、だって司さんはわたしの古くからの(年下の)友だちヨシゾウちゃんの新夫(あれ? 新妻って言葉はあるのにな? 読み方はこちらも「にいづま」でよさそう)で、その二人がいつものとおり静かに仲良く、わたしの目の前の席に並んで座ってるんだもの、ネギトロか何かの話を書くつもりが、だんだん愛の告白になってきて、しかたがないから、トリオに合図を送って曲を続けてもらいながら、ヨシゾウちゃんに読んでもらって、結婚披露宴の余興みたいになっちゃった。ヨシゾウちゃんはほんとに、数限りないほどお世話になった(そしてたぶん、少しはお世話もした)大切な友だちなのに、わたしとしたことが、お祝いのパーティーに行けなかったのですよね。ありがとうございます、トリオの面々とご列席のみなさまのおかげで、ようやく二人の結婚式に出席できた気分です。


智恵

2014年4月13日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」