阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第147回 『便乗値上げ(第4回お話ライブのお土産話その11)』

昨年の夏の初日に始まって1年をひとめぐり、4回目が終わりました「お話&JAZZライブ」。
そのお土産話の、さいごのひとつ

 

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『便乗値上げ』

俺のことバカにしてんだろ
計算とかすぐにできないと思ってんだろ
こう見えて、理系なんだぜ
春になったからって、急に金持ちになるわけじゃないんだ
許さねえ

そんなこと、俺が言えたら苦労はしない
いつのまにか、いつのまにか、俺の財布を軽くしていくあいつ
きらきら輝く瞳で、俺を見上げるその愛らしさ
俺は、気前よく、ぽんと出してやるしかないじゃないか

俺の身体に、そっと手をかけ、そっと重みをかけてくるあいつ
俺の弱みをしっかり掴んで、
知らないうちに、知らないうちに、愛の値段を釣り上げる
まるであいつは小さな詐欺師
やわらかなからだをくねらせ
甘い声を出して
俺の優しさをしぼりとる
ちくしょう、
便乗値上げなんかに騙されると思ってんのか?

ペットショップで気づく、安売りの猫缶
そうだ、あいつ、前は、この餌でよろこんでたじゃねーか
いつのまに、いつのまに、俺、こっちの小さな缶を買うようになっちまったんだ?
冗談じゃねえよ
そう思って安い方を手にとっても、
あいつのしっぽのふわふわを思い出すと
やっぱり、負けちまうんだよな

お題*小西裕
曲* スペイン
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

お話を書いて、読んでいただくことに夢中になっているうちに、いつも、あ、もうそろそろいい時間だ!と慌てます。このときも見事にそういう感じになって、突然、あ、次は、最後の曲だ!となりました。お題はまだいくつもあって、自分で選ぶのができないので、「最後のお題をひいてください」とお客様にお願いしながら、でも、悪い予感……たいていこういうときって、「なんでよりによって最後にそれ?」と言いたくなるお題がくるんですよねえ。で、選ばれたのが、予感的中、「便乗値上げ」!!!そう、消費税アップ直後の、4月のタイムリーな話題。お客様の笑いも、心なしか、げんなりムード? くるしまぎれのお話は、こんなことにあいなりました。

そういうわけであれこれありながらも、和やかに、にぎやかに、春のJAZZ & お話ライブもお開きとなりました。たくさんの方が茶話会まで残ってくださって、でも、例によって半分「ぬけがら」になっていたわたし、じゅうぶんなおもてなしができなくて心残りなような、でも、おもてなしなんかしなくったって、普段はなかなか交流できないいろんな職業、いろんな立場の方々で、さまざまにお話がはずんでいたから、いいのかな。

3ヶ月に1回、小さなライブを続けて1年、ちゅうりん庵のご夫妻と、早川トリオの皆さん、アシスタントをつとめてくれたワカメちゃんこと三浦千枝さんに、心からありがとう。そして、あの坂道を登って、音楽とお話を味わいに来てくださったお客様に、あつく、深く、たくさんの感謝をささげます。ありがとうございました。2年目もうまずたゆまず、お話芸人への道を精進してまいります。毎回、小さな目標を定めて小さく成長しながら、もっと自由に、もっと愉快な、音楽とお話の宇宙へ……! なにとぞ、お付き合いくださいませ。

 

 


智恵

2014年4月13日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」