阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第137回 『山口番長 (第4回お話ライブのお土産話その1)』

昨年の夏の初日に始まって1年をひとめぐり、4回目が終わりました「お話&JAZZライブ」。
そのお土産話のひとつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『山口番長』

ママは、嘘はつかない。
嘘は絶対につかないけれど、
話をものすごく盛るよね!
と、子どもたちに言われる山口三重子は
番長である。

朝、電話をかけてきて、「今日、会える? わたし、午前中はあいてる」
という。
時刻は十時十五分。
隣りに住んでるわけじゃないんですよ。
しかし、呼び出されたからには駆けつけるしかない。
なんせ、番長だもの。

また別の日、2時に電話をかけてきて
「ごめん、今日の約束、間にあわない」と
偉そうに言う。
「番長、わたし、今、仙台ですよ。約束は来週」
「あ、ごめん」
番長は、約束を間違えても、謝れば済む。
番長だもの。

トリオのリハーサルで、リーダー、リズムの匠、早川さんからダメだし。
何回言われても「わたし、合ってると思うけど」と言い張る。
どうみても田中さんも、山口さんが間違ったと思っている。
でも、番長はひかない。
謝ったら終わりなのかな、番長だもの。

番長は、頼まれたことを断らない。
番長だもの。
阿藤智恵のわがままも、誰のわがままも聞く。

お題*杉山貴
曲* A列車で行こう
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

前回のライブでは、朝、忘れ物を取りに戻ったりバタバタして本当に大変だったから、今回は確実に余裕を持てるように……と準備をして、いた、はず……なのに、やっぱりバタバタてんてこ舞い(理由はあるけど黙っておこう、アシスタント三浦千枝さんの遅刻のことは……)! 落ち着くひまもなく始まってしまいました、お話&JAZZライブ4回目。始まる直前、ピアニスト山口さんに「いきなりA列車でいきますからね」と言われて、「はーい」ときげんよく答えたものの、こういう「いきなり」だとはまったくわかっていなかった! お題カードをお客さまに選んでもらって、のっけから「山口番長」(お読みになってわかるとおり、ピアニスト山口さんのことですよ)と出て、「いきなり」列車が動き始めても、こちらのパソコンがスタンバイできていない! 毎度のことですが、1曲目は焦ります。で、100%実話、創作なしの「お話」になりました(いえ、山口さんの名誉のために言うと、少々「話を盛って」るところがあります。でも番長の盛り方に比べたらかわいいものかと……)。

このライブを「3ヶ月に1度やります」っていうのは、そんな山口番長が、それこそいきなり第1回の本番中にお客さまに宣言したのです。「次回のご予約も受け付け中!」なんて調子よく宣伝するものだから、わたしのほうは「いやあ、そんなまさか……」なんておろおろするばかり(初めてのライブにがちがちに緊張して、ものすごく弱気のスタートだったのです)。それが、あっというまに季節がめぐって、気づけば実現できていた! つくづく、JAZZの翼の軽やかさ、そして番長の頼もしさのおかげです。あのときの3ヶ月に1度発言、まさに「話を盛」る癖が出たのかも。けれど言ったことは、嘘にしない。実現させる。立派です。さすがです。番長、ばんざい! これからも、どうぞよろしくお願いします。


智恵

2014年4月13日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」