阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第134回 『阿藤智恵(第3回お話ライブのお土産話その8)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その3回目のお土産話、8つめ。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『阿藤智恵』

阿藤智恵は、うまれて、まだ、16年くらいです。ペンネームを付けられて、デビューしたのが、29歳の時、かな、たぶん。だから、阿藤智恵は生まれた時から30近かったけど、でも、16歳。中身は45歳で、外見も45歳だけど、阿藤智恵は、16歳。わかったよ、しつこいな。16歳だろ。わかったわかった。だから、何?

16歳って、微妙な年頃でしょ。サウンド・オブ・ミュージックにも、名曲がありますね、アイ・アム・シックスティーン。もうすぐ17歳。 自分が、できあがっているようで、できあがっていない。これから、始まる、わたしの人生。夢も、恋も、まだ、これから、みたいな?

ま、中身は45歳だから、これは、「たとえ」の話ですよ。今から阿藤智恵16歳の、恋の話を聞かせるわけじゃない。

だけど、阿藤智恵の、阿藤智恵らしさや、阿藤智恵じゃなきゃ書けない物語や、阿藤智恵がいなかったらこの世に生まれなかったいろんなことは、まだまだなんだなあ。阿藤智恵自身が、まだ気づいていない不思議の国が、これから見つかる、そんな予感の、16歳。

お題* 杉山貴
曲*  Alice in Wonderland
読み手* 三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

書き終わった途端、「ごめんなさーい!」とひれ伏してしまいました。休憩後のリラックスしたお喋りの流れで、「リハーサルで、即興演奏をいくつか試してみたら、お題は意外と”毒”のあるものがよかったですね」という話になり、ついうっかり、「あ、毒のあるお題がありますよ!」と自分で選んでしまったのですが、そうして、曲目リストの中で、阿藤智恵の不思議感を出せそうかなあと思って、自分で曲を選んでしまったのですが、なんとも、いつもにましてとことん、かわいらしーい雰囲気になった演奏に引っ張られました。ピアニスト山口さん曰く「だって阿藤さんってかわいいイメージよ。16歳って感じよ!」いやいや……だから、45歳ですってば……!


智恵

2014年1月19日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」