阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第132回 『イルミネーション(第3回お話ライブのお土産話その6)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その3回目のお土産話、6つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『イルミネーション』     
電気を無駄遣いすんなよ。
今、日本の原発、ひとつも動いてないんだぜ。
石油なんだぜ、石油。
石油を燃やして、でっかいやかんをぐらぐら煮立てて、
そんで、たった湯気で、電気つくってんだぜ。
電気を無駄遣いすんなよ。

そうやって、わたしのことを、責め立てる人がいるんですよ。
わたし、わかるんです。
そうですよね。
同じ電気として生まれて、同じ、光を出すんなら、わたし、こんなところじゃなくて、おうちのなかで、家族そろって囲む、あたたかいお鍋の上で、とか、今ま さに、生まれ出ようとする命の応援ができる、助産院とか、夢のために徹夜でがんばる受験生のデスクライトとか、たったひとりで何万人を熱狂させる素晴らし い歌手のステージライトとか、そういうものになりたかった。

だけど、見てください。
わたし、小さな明かりを、いっしょうけんめい、ともしているんですよ。
わたしは、発電所で生まれて、長い旅をして、ここに、たどりつきました。
恋人たちの、小さな思い出になるために、淋しい人の、一夜の慰めになるために、ここに、小さなあかりをともしています。
無数の、無数のわたしたちが、いっしょうけんめい、いっしょうけんめい、小さなあかりをともしています。

今度生まれてくるときは、誰の心も傷つけない、地球に大きな穴をあけない、すてきなすてきな電気として小さな太陽として、うまれたい。そうして、人の暮しに、たいせつな、たいせつな光を投げかけたい、そう思いながら。
               お題* 加藤義宗
               曲*  Sing Sing Sing 
                with Mくんとせきみちおさん
               読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

さて、実はこの日、客席には、トロンボーンのせきさんの他にも う一人、楽器を持った人がいて、最初から山口さんに、舞台に誘われていました。中学校に入ってサックスを始めたばかりの1年生、Mくんです。彼のレパート リーとトリオのレパートリーが合わず、「Sing Sing Sing」やってみようよ、と強引に誘われ、「楽譜はないんですか?」と訊ねてミュージシャンの手元をのぞきこむも、そこにあるのはいつも部活で使ってい る譜面とは似ても似つかぬ暗号のような紙っぺら。でもMくんはえらかった! これまた強引に再度引っ張り出されたせきみちおさん含めた4人の大人の大迫力 に負けず、山口さんの励ましに応え、初舞台を見事に体験したのでありました!

曲が終わって、虚脱感でいっぱいになっている様子のMくんに感 想を聞いてみましたら、「今までこんなにお客さんが近いところで演奏したことがないからすごく緊張した」とのこと。後ろでずーっとなんか叫んでたピアニス トは怖くなかった?と聞いたら、「こういう感じの人には慣れてるから」と答えたのには会場も大爆笑。なんとも将来楽しみな少年の姿に、心温まる1曲になり ました。


智恵

2014年1月19日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」