阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第131回 『いぶりがっこ(第3回お話ライブのお土産話その5)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その3回目のお土産話、5つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『いぶりがっこ』  
 
寒くなってくると、恋しくなります。いぶりがっこ。祖父さんの、好物だった。

わたしの祖父さんは、うるさい男でしたよ。男は黙って、なんて祖父さんにはまるで無縁。いつだってお小言、おしゃべり、愚痴にホラ。人があつまりゃひとり芝居、風呂の中ではのど自慢。

うるさい、うるさい祖父さんをたった一つ、だまらせるもの、それが、日本酒のあての、いぶりがっこだったんだ。
祖父さんの小言が始まって、うるさい時に、ばあちゃんがわたしを目くばせで呼んで、囁き声で、「ほら、これ、持ってって、はやく!」そう言われたら、わたし、すこしドキドキしながらも、何気ないふりを装って、
「じいちゃーん」って持ってくんですよ。

今、思えば、祖父さんは、わかっていたのかな。
ばあちゃんの、「もう、いい加減にしなさいよ」っていう、伝言をさ。
いっつも、いぶりがっこのひときれを、わたしの口に放り込んで、
「うまいなあ、うまいだろう?」って言いながら、日本酒をなめて
「早く大人になって、酒の相手をしてくれよう。」なんて言うんです。
子どものわたしはちっともそれを、うまいとは思わなかったけど、祖父さんの前に座って、静かな祖父さんの酒の相手をするのが、嬉しかったんだよなあ。
               お題*オオニシ
               曲* 枯れ葉 (早川トリオwithせきみちお)
               読み手* Jam

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

リハーサルが後に控えているらしいから楽器を持ってくるはず! と目されていたトロンボーンのせきみちおさん、そろそろいかが?と引っ張り出されての『枯れ葉』です。先に曲が決まって、それっぽいのは……とお題をさが して、あった!いぶりがっこ!一応、あれですよね、大根のお漬物で、くんせいにしてあるやつですよね?と確認して始めましたが、わたしちゃーんと、食べた 経験あったのです。よかった。なんでも食べておくものだ。スモーキー沢庵とでもいいましょうか、いぶりがっこ。好きです、わたし。読み手はイメージぴった りのJamさん。最初から、ひとつは読んでくださいね、とお願いしてあったのは、この方の素晴らしく魅力的な声を、みなさまにきいていただきたかったか ら。マイクを通して聴く声は知っていてもちょっと驚きの深みある美しさ、第一声に客席からどよめきがわきおこり、「ほらね!」と鼻高々になったのでありま すが、Jamさんが素敵なの何もはわたしの手柄ではないのであった。ご本人は、「いやあ、緊張した!字が読めなかった!」と恐縮しておいででしたが、わた しはキャスティングの妙に大満足でした。あのとき、お題を出されたオオニシさんのご感想をうかがってみるべきだった……それだけが、心残り。


智恵

2014年1月19日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」