阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第130回 『模擬試験(第3回お話ライブのお土産話その4)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その3回目のお土産話、4つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『模擬試験』  
             
なんにでも練習が必要だから、受験生は年に何度も模擬試験を受けるんだろう。
だけど、人生のなにもかもに、模擬試験があるわけじゃないぞ。
自慢じゃないけど、あがり症だ。
模擬試験で100%の自信を付けた大学の入試本番で、腹が痛くなって、浪人した。
2回。
二浪はしなかった。
模擬試験では大丈夫なんだ。
みんなが言う。模擬試験だと思えばいいじゃない。
だけど人生に模擬試験はないだろ。
だけど今回は失敗できない。
だから、内緒だけど俺は模擬試験のつもりで乗りきったんだ。
一〇年前の、あの結婚式をね。
               お題*なくぞのかずき
               曲* 即興
               読み手*三浦千枝

                    

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

「わー!難しかった!今までで一番難しかった!論旨があってな い。ごめんなさい!」終わっていきなり、叫んじゃいました。この曲は、難しかった。ぜひとも皆さんにお聞かせしたい。ピアニスト山口さんの音階練習で始 まった即興曲でした。ご本人の話では、「イメージで始まって、音で描写する感じ……うまくいったなー……ああ、壊れちゃった、他の人はどんな勉強してる の?みたいな感じとか、『出る単』とかの勉強、最初の方のページはいつも熱心にやるのにどの本もいつも最後までできなくて、ぐずぐずに終わってしまって、 また始めて……みたいな感じで弾きました」。確かにそんな感じでした。で、3人のミュージシャンたちが、楽しくない練習(=受験勉強のイメージなのでしょ うね!)を、お互いに意地になって、まだやるのか、じゃ、こっちもやめないぞ、みたいな感じが、面白い曲ではあったけれど、流れるようないつもの音楽とは 違って、執筆は……難しかった。ああ、直したい!と思うところがありますけれど、そのまま、載せておきます。お題を下さったなくぞのさんは、少し遅れて会 場に入って最初の曲が「コーヒー」、とてもこの空間に似合うお題だなと思ったので、むしろ異質なものを……と考えました、とのこと。うーむ、まんまとして やられたっていうところかしらん、それもまた、快感。


智恵

2014年1月19日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」