阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第129回 『散髪(第3回お話ライブのお土産話その3)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その3回目のお土産話、3つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『散髪』  
             
 
あの子の髪は、細くて、さらさらで、色が薄くてやわらかくて、いつまでもいつまでもなでていたくなるような気もちよさ。
生まれてきた時、ほとんどハゲだったんだよ、っていうと、あの子はいつも、ぷんとふくれて、かわいい、かわいい顔をする。
「知らないもん、そんな、赤ん坊の時のことなんかさ。やめてよ、ハゲなんて」
こんなにかわいい、かわいい、かわいい娘が、ハゲなんてことばのちっぽけなとげにひっかかることがおかしくて、ぼくはいつも、ぷっくりふくれたほっぺをつついて、あの子をよけいに怒らせる。
「おとなになったら、パパのお嫁さんになる」
なんてことを、あの子は口にしたことがないけれど、自分がこんなアホみたいなことを夢見る親父になるなんて、想像したこともなかった。
風呂場の鏡の中のあの子は、さら、さら、と落ちる髪のひとたばごとにもっともっとかわいくなる。
生きている喜びにはちきれそうなあの子の額、しあわせそのもののあの子の小さな鼻、この世の愛をいっぱいに集めたあの子の口もと。
はい、おしまい、と髪をくしゃくしゃにしてやる。
あの子は、あーあ、と大きな声で叫ぶようにして、そのまま、ママー、と駆けだしていった。
パパに、ありがとうと言えよ。
               お題*大鋸一正
               曲* Isn’t She Lovely
               読み手*加藤義宗

                    

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

散髪をしたのが、ご本人だというのは会ってすぐにわかっていた のだけれど、曲を決めた時点で愛らしいお嬢さんに変わってました。読み手は客席の加藤義宗さんにいきなりお願いしてみたら、思った通りこころよく引き受け てくださって、心の中で小躍り! 読み終えたときには「緊張した!」と叫んでたけど、いえいえ、義宗さん、期待通りの素敵なパパでした。前回のライブで は、「指名されたらいやだな……」という緊張感がずいぶんと客席に漂ってしまったのですが、今回は、頼んだら読んでくれそうなお客さまが多くて、お話の数 が足りなかった。読み手が変わるたびに、ああ、人の声ってこんなにもそれぞれ違うんだ(そしてみんなステキ!)、と感じられるのが、実によいのです(嫌が る方には決して無理強いしないので、ご心配なく!)。

さて、お題を下さった大鋸さんの気になるご感想は、「なんかこ う……自分のお題で演奏してもらって、お話を書いてもらうというのは、なんだか自分のためにこの時間があるような気がして、とても贅沢で、嬉しいです ね」。わたしもうーんと嬉しくて、にやにやしちゃいましたとさ。


智恵

2014年1月19日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」