阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第128回 『ブラックコーヒー(第3回お話ライブのお土産話その2)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その3回目のお土産話、2つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『ブラックコーヒー』  
             
 
ブラックでお願いします。
わたしは小さな声で、言ってみた。
大人の振り。
馬鹿みたい。
言ってみてから恥ずかしくなって、頬が赤くなった。
ミルクとか、お砂糖とか、いれたくなかった。
早く大人になりたい。
カウンターの向こうのあの人は何も言わない。
先週まで、いつもわたしがコーヒーではなくカフェオレを、それにもたっぷりお砂糖を入れてたこと、覚えているのだろうか。
覚えてるはずない。
独り相撲。
自分の心が意地悪で、わたしはつい、泣きたくなる。
馬鹿みたい。
思春期? そんな年じゃない。
わたしはまだ、高校生だけど、もう、子どもじゃない。
制服を脱いで、精一杯おしゃれして、このコーヒー店に来たわたしを、いつもと違うわたしを、あの人が目にとめてくれないかしら。
コーヒーの香りに酔いそう。
わたしに気づいて!
心の中がうるさすぎて、あの人がおかしく思わないか、心配。
自意識過剰。
あの人がおいてくれたコーヒーに、そっと唇をつける。
いい香り。
おいしい、かどうか、わからない。
カウベルが鳴って、人がたくさん入ってきた。
あの人とわたしだけの空間に、雑音が満ちる。
わたしは、嬉しいのか、嬉しくないのか、わからない。
               曲* マイルストーンズ
               読み手*三浦千枝

                    

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

1回目のお話ライブは、去年の7月6日。いきなりの梅雨明け宣言、いきなりの猛暑がやってきて、駅からの急な坂道を上ってくるお客様が熱中症で倒れないか とずいぶん心配でした。予定はしていなかったけれど、急きょ、ワンドリンクサービス、ということにして、お茶やジュースをを召し上がっていただいたのが始 まりで、2回目も同じようにサービスをしたのですが、だんだん、温かいものが恋しくなってきた晩秋の季節、冷たいものしかご用意できないのが心苦しく、今 回は、前の日から作っておいた水出しコーヒーを温めさせてもらって、保温ポットに用意しました。

ドリップはぜんぜん上手にできないけれど、この水出しコーヒーは とてもおいしいことがわかっていて、わりあいと自信はありました。けれども、今回のお客様には、わたしの知り合いの中で、コーヒー党ベスト3に入る(と勝 手に思っている)方のうち、お二人がいらっしゃるのでちょっぴり緊張。どういうわけか、お二方ともかなり早い時間にいらっしゃって、お二方とも、もちろん コーヒーをご所望になりました。どきどきの一瞬の後、 「おいしい」「うん、おいしい」と口をそろえるように言っていただけて、あー!よかった!……こう いうことが、実は、か・な・り!重要なのですよね!


智恵

2014年1月19日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」