阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第127回 『ケ・セラセラ (第3回お話ライブのお土産話その1)』

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『ケ・セラセラ』

わたしの、ちいさい、とき、ままがいいました
けせらせら なるようになるわ

そんなママは俺にはいなかったが、俺もいつも、「なるようになるさ」と言って生きているらしい。自分で気づいているわけじゃない。女がいうんだ。いつ も。「あんたはなるようになる、でいいかもしれない」でも、あたしなのよ、なるようにならないものを、どうにかしてるのはさ。あんたは気楽でいいかもしれ ない、だけどあたしの身にもなってよ。そういうことを、女が言いだすと、別れは近い。なるようになるさ、と言っていると、なるようになる。つまり、女が出 ていくか、俺が出ていく。そうやって、なるようになる人生を、俺は生きてきた。

海辺の町に流れ着いて、なるようになるさと言っていたら、なるようになった。つまり、流された。なにもかも。女も。俺ははじめて、なるようにならせてた まるか、と思った。それからもうすぐ3年がたつ。あのとき俺の手で捕まえて、つれもどした女は、まだ俺の部屋に住んでいる。

わたしの、ちいさい、とき、ままがいいました
けせらせら なるようになるわ
お題*jam
曲* 即興
読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

朝、終演後の<茶話会>のための食べ物やコーヒーやらの準備に気をとられ、なんとパソコンの電源ケーブルを忘れて出かけて行ったワタクシ。セッティングし ようとして気がついて、あわてて家に取りに戻る途中、上り坂の途中で電動アシスト自転車の電池が切れ(寒い時期は蓄電能力ががたっと落ちるんです)、しか し歩いていく時間はないし(何より帰りに大荷物をどうしたらいいか困ってしまうし)、アシストなしの重い重い自転車を漕いでとって帰して、(もちろん最後 の急な坂は押して上がって)、息も絶え絶えになって再びちゅうりん庵にたどりつき、とっくの昔にリハーサルを始めていたトリオのみなさんに会えたのは、約 束より1時間も遅れて。トリオの方ではリハーサルにわたしは必要ないので全くおかまいなしだったのですけれど、その時のわたしの焦りようときたら、どうか お察しくださいませ。ところがところが、どういうわけか、この日の早川トリオは朝一番から特別極上のご機嫌でした。いつもの音が決して不機嫌というわけで はないのです、いつでも「ご機嫌な音」と感じてきたトリオだったのだけれど、ほんとにどういうわけか、あの朝の音は特別だった。素晴らしくご機嫌うるわし いあの音が、セッティングが遅れて慌てていたわたしをすうっと楽にしてくれました。

ひとつめのお題は、『ケ・セラセラ』。これに他の曲をあてるわけにはいかない、ということだったのでしょうね、曲は、1曲目からいきなりの即興になりま した。おなじみのメロディ、誰にでもありそうな思い出のかけらから出発して、ぐーんと遠くへ、思いもかけない旅をした感じ。『ケ・セラセラ』は、わたしに とっても、思い出の曲のひとつです。


智恵

2014年1月19日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」