阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第136回 『アンニュイ あるいは 緩慢』(第3回お話ライブのお土産話その10)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その3回目のお土産話、最後の一つ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『アンニュイ あるいは 緩慢』   

元気とか、前向きとか、ポジティブとか、そんなんばっかりいいことで、右肩上がりで、疲れ知らずで、頭が痛いのもだるいのも、熱や風邪さえ薬で叩い て、働いて、へこむこともなくて、鈍感で、強くて、眠らなくても平気で、そんなことばかりがいいことみたいに宣伝される世の中だが、人間らしい暮らしとい うものはそういうもんじゃない。生活には、しずかなときが必要だ。

冬、一番、冷え込む時期に森へ行くと、もう、春が始まっている。木々の冬芽はゆっくりゆっくり育ち、気の早い花は開いている。何日間もかけて、ひとつ、ひとつ、ゆっくり、ゆっくり。それは、やたらと緩慢な動き。夏とは全然違う。
  春は、冬の底で始まる。ゆっくりと、ゆっくりと。
  秋は、猛暑の中では始まらない。
 
 その違いを、考えてみたことがあるかい。
  いや、その前に、その違いに、気づいたことがあるかい?

ゆっくりなもの、けだるいそぶり、怠けているような、じらすような、少しずつ、少しずつ、見えないほどの、うごき。
  春は、冬の底で始まる。
               お題* せきみちお 草楽
               曲*  酒と薔薇の日々
               読み手* 山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

「アンニュイ」っていう、お題を最後に引き当てて、なんとなく 雰囲気ではわかるけれど、今一つ、意味がわからないというか、いや、意味はわかっているのだけれど、使い方がピンとこない苦手なことばの一つに、「アン ニュイ」があるのを思い出したのであります。ライブ半ばのお題なら、わからないまま強引に書いちゃうのだけれど、最後の1本ではその勇気が出なくて、草楽 さんの「緩慢」で助けていただいて、で、こんなお話。

「アンニュイ」って、辞書で引くと結局「倦怠感」っていうこと なのですね。2月半ばから口唇ヘルペスにやられ、強烈な倦怠感で1週間寝込んだ今のわたしなら、いいお話が書けるかも。……でも、なんか、このことば、た ぶん、わたしが物ごころつく少し前に、世間を席巻した時代があるんだと思うんです。そのとき、このことばの持っていたニュアンスは、ただの倦怠感ではなく て、こう、「けだるげな、やるせなさそうな、いい女」みたいなことだったと思うんですよ。「つまんない」「ああ、退屈」とかのことばを、タバコの煙ととも に吐き出して、男性をドキドキさせてしまうような。決して、「あーだるい」「あー立っていられない」とコンビニの前の路上に座り込み、自転車の荷台につっ ぷしている、唇の腫れあがった女、などではなかったと思うんですよ。これじゃ、「アンニュイ」のお話の主人公にはなれませんよね。「倦怠感」ってやつ、本 気で襲われてみれば、ああいうことになるんだと思うんですけどねえ。


智恵

2014年1月19日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」