阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第135回 『アンチエイジング』(第3回お話ライブのお土産話その9)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その3回目のお土産話、9つめ。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『アンチエイジング』

生きてきた歳月こそが、わたしの人生なのに、「アンチ」だなんて、嫌だわ。

そう思いながら、少し気になる目じりのしわ。

45歳なら45歳の、55歳なら55歳の、77歳なら、77歳の、それだけの年月を目じりに、肌に、降り積もらせて、それでも平気なわたしでいたいわ。

そう思いながら、やっぱり気になる頬のしみ。

生きてきた歳月を、否定するのはいやだけど、今まで生きてきたわたしの中の、いきいきとしたわたし、はつらつとしたわたし、しっとりとしたわたしを、しょんぼりしたわたし、しんなりしたわたし、かさかさのわたしにとっかえっこしてしまいたいわけじゃない。

アンチ、じゃなくて、歳月にイエスと言いながら、生きて来た年月ぶんのわたしを、大事に、大事に、したいんだな。

自分の心を見つけた。
45歳の、55歳の、77歳のわたし。
もっとずっと、さきのわたし。
わたしに、ずっと、イエス。

お題* 樋口正夫
曲*サテンドール
読み手* 忘れ草

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

前のお話の流れで、山口さんが「わたし、39フォーエバーなん ですよ!永遠の39歳!」と高らかに宣言されまして、またしても「ぴったりのお題があります!」と選んだのがこちらのお題。曲の後で、お題を下さった樋口 さんにお話をうかがってみました。「50代になって、老けたら仕事を辞めると言って30年たちます。老けこまないように、どうやったらいいかな、そういう 思いで、毎日暮らしています。」樋口正夫さん、79歳。惜しい、「77歳」って、書いちゃった。


智恵

2014年1月19日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」