阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

  • よみもの
  • エッセイのお稽古
  • 第133回 『ひとつの手は自分自身を助けるために…もうひとつの手は他の誰かを助けるために……(第3回お話ライブのお土産話その7)』

第133回 『ひとつの手は自分自身を助けるために…もうひとつの手は他の誰かを助けるために……(第3回お話ライブのお土産話その7)』

 

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その3回目のお土産話、7つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『ひとつの手は自分自身を助けるために
もうひとつの手は他の誰かを助けるために……』     
不満ばかりで生きてきたけれど、考えてみたらただの一日だって、自分一人で生きたことはない。当たり前のことだ。こんなことを言うのは恥ずかしい。ありきたりのことしかいえない。だけど、最期になって、浮かんでくるのは、ただ、このことば。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
ごめんね。
そして、さようなら。

わたしは行く。小さな扉の向こうに。今日という日を、今日迎えることを、わたしは知らなかった。いつもいつも、明日、ということばを何気なく口にして、今日という今日まで、裏切られなかった。あたりまえの期待。誰もがもっている、それは、ただの習慣のようなもの。明日。
明日はこない。わたしの上には。けれども、世界はまだ続く。世界には、明日がやってくる。なんどでも、なんどでも、なんどでも。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
ごめんね。
さようなら。
さようなら。
さようなら。
               お題* 歌代和美
               曲*  Hymn ~ めぐりあい
               読み手* 阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

「これは、女優のオードリー・ヘップバーンの言葉なんです。も うすぐ、わたしに初孫が生まれます。今まで自分のために右手を使ってきました。これからは、孫のために、家族のために、みんなのために、左手を使っていき たいと思います」と、歌代さん。うわぁ。なんだか、一生に一度の大切な大切なタイミングで、大切なことばを、ひととき預けてくださったんだなあ……。知っ ていたら、こんなにすんなりとは書いたり、読んだり、できなかったかも。「すごい、心温まる詩をいただいて、嬉しいなと思いました」のご感想に、滑り込み セーフ!の気もち。お題をいただく、その時間を共に過ごすということの重みを感じた一本でした。

そう、この「お話」で、初めて「読み手」をつとめました。前回 のライブ後の茶話会で、お客さまの何人かから、「阿藤さんも読んでほしい!」と強くリクエストがあったのです。いやあ、MCでもかなりとっちらかってるの に、読むというのは……あんまり動揺して、後にさしさわってもいけないし……迷っていたら、ピアニスト山口さんが、じゃあ、休憩直前の1本でやったら、と アドバイスしてくれました。なるほど、それならできるかも。で、やってみました。読みました。書き終えて、ミュージシャンの様子をうかがうと、まだ少し、 曲の長さがありそう……プリントアウトして、席に戻って落ち着いて(というより立ち上がる勇気がなくて)座ったまま、演奏の中で、読ませてもらいました。 あー。そりゃー緊張しましたとも!!でも、なんか、よかったな。この曲、とても好きなんです。お客様が読んでくださる時も、曲によっては音楽が終わる前 に、できたらいいなあ……また、山口さんのお智恵拝借するとしましょうか。それでは、しばし、休憩……!


智恵

2014年1月19日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」