阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第125回 『つむじ風 (第2回お話ライブのこぼれ話その5)』

つむじみたいに、渦を巻いて吹く風のことなんだろうと思ってたら
そうじゃないんだぜ、と言うんだ。
頭に誰でももってるそれのことを、つむじといって
(と、彼は私のつむじを指でおさえた。)
つむじみたいに、渦を巻いて吹く風だから、つむじ風だと思ってんだろう?
そうじゃないんだ。
うー。
(つむじを指で押さえられると、妙な感じがする。)
あの、さ、それ、やめて。
私が頭の上の彼の手を押しやろうとすると、ぱっと引いて
(頭がすうっとする。)
な? と、にやりと笑う。
何?
(たまってたものが、抜け出たみたいだ。)
だから、つむじ風だよ。
(ああ、ほんとにすうっとする!)
え?
(彼は、私のつむじのほうに、あごをしゃくる。)
ほら、吹いてるだろ?
え?
しょうがねーな、ほら。
(と、彼は私の右手を乱暴につかむと、つむじの上に持っていく。)
……!
そうだよ。つむじ風ってのは、その風のことなんだよ。
人の頭ってのは、いっつも風が吹き出してるんだよ。
すごいね。すごい風圧。
そりゃそうだよ。つむじ風だぜ。
(風は、びゅーびゅー吹いている。)
用心しなよ。
(風は、びゅーびゅー吹いている。)
何? 何を、どう、用心するの?
(風は、びゅーびゅー吹いている。)
頭の中が、全部からっぽにならないようにさ。
(風は、びゅーびゅー吹いている。)
(風は、びゅーびゅー吹いている。)
(風は、びゅーびゅー吹いている。)

びゅー。
びゅー。
びゅーびゅーびゅー。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

昨年秋の第2回「お話&JAZZライブ」、
お客さまからいただいてライブ中に書ききれなかったお題から、
Dreamさんのお題『つむじ風』でした。


智恵

2014年1月14日