阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第124回 『アップルパイ (第2回お話ライブのこぼれ話その4)』

我が家だけの特徴なのか、どこのご家庭でもそうなのでしょう か、食卓に、はやりすたりがあります。子どもの頃よく覚えているのが、ある時期、朝食にキャベツの千切りが大流行したこと。キャベツを、あれはスライサー で切っていたのでしょうかか、細く細く切って、そこには必ず紫キャベツが混ざっていて、そうして、母が作った胡麻だれをかけて食べます。しゃくしゃく、香 りよく、味良くおいしいです。おいしいんだけれども、毎朝となるとちょっぴり閉口でした。飽きました。しかし、母が飽きない限り、流行は続く。いや、おそ らくは父が飽きてもすたれただろうなあ、今思えば……でも当時は、「おかーさんが飽きるまではしゃーない」って思っていたような。

ほかに、一時期よく食べたのに、見かけなくなったなあと思うも のは、なすのムサカ、かぼちゃの肉詰め、「ピンクピンク」と呼んでいたきれいな色のドレッシング(今ふうに言えばサウザンアイランドが近いかもしれな い)、「ホワイトエッグ」と呼んでいた、トーストの上に落とし卵の半熟のをのせて、ホワイトソースをかけたもの、朝、お鍋で作って、おたまじゃくしでカッ プに注ぎ分けてもらったココア(それに、バター付きトーストを細長く切ったのを浸して食べる!)、自家製フルーツミントのいっぱい入ったどっしりフルーツ ケーキ、卵と牛乳でつくるアイスキャンデー、ゼリーを溶かして作るババロア、ああ、どんどん記憶がお菓子方面になってきて、しかも、そうしたものを作らな くなったのははやりすたりの問題じゃない、という気もしてきたから本題に戻して、ええと、そうだ、アップルパイです。

2年ほど前に、ブームが来たのですよ、アップルパイ。毎週のよ うに作ったっけ。いろんなバージョンを試して、最終的に無敵のレシピをみいだしたところでシーズンが終わり、そして、次の年から、なぜだか、作らなくなっ た! 今も、わたしの冷凍庫には、リクエストに備えて買い込んだ冷凍パイシートが眠っている! アップルパイの大流行はなぜ廃れたか! うーむ、なぜかと いうに、たぶん、これは両親のせいではなくて、わたしのせいなのだな。年ですね。とんとおやつが食べられなくなりました。両親は今でも毎日、おやつを食べ るし、わたしも夕方、犬の散歩の前後につい、一口、食べてしまうことがあるのだが、それが続くとテキメンに太る! 「つい一口」の甘いものですぐに太るわ たしが、アップルパイなんかいつ食べられるか。食べられません。年、というならもっと年をとっているはずの、わが両親がなぜおやつを食べられるか、それ は、よく身体を動かすからというのももちろんあるのだけれど、それより、ご飯を食べないからなんです。わたしはご飯を食べるのが好きなので、おやつを食べ て、ご飯を減らすのは嫌なんです。アップルパイは大好きだけれど、ありったけの愛を込めて戯曲に書いたこともある(執拗な書きっぷりがほとんど怖いという 声もきかれたくらいです)けれど、食べられないでいるのは愛するアップルパイよりご飯のほうが好きだからなのです。それでもアップルパイは食べたいと思う ことがあります。冷凍庫をあけるたびに焼くことを夢想します。なかなかチャンスがありません。ときどき、急にランチを持って出なくてはいけなくて、ご飯を 炊くのが間にあわない時に、焼くことができます。一人前の小さなアップルパイは、最高に素敵なランチになります。冷凍庫には、りんごのワイン煮と、パイ シートを常備しましょう。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

昨年秋の第2回「お話&JAZZライブ」、
お客さまからいただいてライブ中に書ききれなかったお題から、
たまには実話を。
キリさんのお題『アップルパイ』でした。


智恵

2014年1月10日