阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第126回 『各駅停車 (第2回お話ライブのこぼれ話その6)』

各駅停車で行くと、終点まで40分くらいかかります。座って、ゆっくりと行けます。

途中で急行に乗り換えますと、終点まで30分くらいです。座れることはめったにありません。

座って、本でも読んで、40分、と、立って、停車のたびに人の邪魔にならぬよう立つ場所を変えながら30分、とでは、座って40分、の方が快適に決まっています。

この駅では、電車は、だいたい、10分に1本の割で来ます。1本早いのに乗れば、ずっと座っていけるわけです。

だ いたいが、家にいても、座って本を読んでいるわけなので、10分ばかり早く本を読むのを切り上げて、早く家を出て、その分を電車の中で読めば、全く損はあ りません。それなのに、気づくといつも、ギリギリの電車に乗っていて、途中で急行に乗り換えながら、ああ、もう、本は読めないな、と鞄の中に読みかけのそ れをしまいこみながら、ああ、あ、とためいきをつくことになります。家を出るのを10分早くするということが、どうしてできないんだろう。不思議でたまら ない。

半年ほど、じっくりと観察した結果、わたしの家 の玄関に、魔のスポットがあることがわかりました。時計を見ながら出かける支度をして、玄関に腰を下ろし、靴をはくまではいつも、1本早い電車、わたしを ゆっくりと座らせ、動く書斎になってくれるはずのあの各駅停車にゆうゆう間にあう時刻です。ところが、靴がはけて立ち上がりドアの鍵をあけるあたりから、 外に出てドアを閉め、鍵をかけるあたりの間のどこかに、そのスポットがあるらしいのです。それはおそらくほんの数ミリ、もしかしたら1ミリにも満たない落 とし穴です。そこをわたしが通過する時、なんらかの方法で、その落とし穴はわたしの時間をひょいとかすめとるようなのです。本当です。それを証拠に、玄関 を出て、階段を下り、バス道に出て時計を見ると、どう考えても乗りたかった電車には3分ほど遅れてしまう時刻に、決まってなっているからなのです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

昨年秋の第2回「お話&JAZZライブ」、
お客さまからいただいてライブ中に書ききれなかったお題から、
白戸規之さんのお題『各駅停車』でした。


智恵

2014年1月10日