阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第123回 『選挙 (第2回お話ライブのこぼれ話その3)』

もうすぐありますね、また。

よく気をつけてると、あっちこっちでしょっちゅうやっているんですな、選挙。

選挙というのは不思議なもんですな。

いろいろと周りと話すんですよ、わたしはね、井戸端会議、床屋談義ってやつですね、選挙が近付くとあれこれ候補者のうわさをしたり、浅薄な世の中を嘆いた り、諸外国の成熟した民主主義に憧れたり、はたまた我が国より悲惨な人権の抑圧について語ったり、戦争も経験した世代ですからね、あのときはまだほんの子 どもでしたけれども、わが身に染みついておりますよ、戦争はごめんだ、あんなものに無駄に使える金もいのちもないってね。だから床屋談義にも熱が入るわけ ですよ、なんだかんだといっても、世の動きに物申すには選挙にしく手はありませんからね。

それなのにですな、蓋をあけるとわたしの票ってのはまあ、まず間違いなく死票になっておるんですよ、なぜか必ず、落ちる。あれほどに周りと喧々諤々やり あって、政策もまず信頼でき、皆の信任を集めそうな、頼りがいのある候補者を見極めて、心をこめて一票を投じたのにですよ、当選させられた試しがない。こ りゃいったいどういうことです。

選挙のたびにおののきますよ。わたしの住んでるこの世界というのは、実際の現実の世界というものと、まったく別の次元にあるのでは、と、恐ろしい疑いが、 いつも首をもたげてくるんですよ。だって周り中、だれも投票した人を知らん候補者が、満面の笑みでテレビの画面に写ってですよ、万歳の声をあげておるんで すよ。だれなんですかね、あの人に投票した有権者、というのは。わたしの世界は、これは現実に存在しておるんですかね。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

昨年秋の第2回「お話&JAZZライブ」、
お客さまからいただいてライブ中に書ききれなかったお題から、
本日はモノローグ風に、
S・Kさんのお題『選挙』でした。


智恵

2014年1月9日