阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第122回 『雪 (第2回お話ライブのこぼれ話その2)』

少年はかつて、遠い国には、雨ではないものが降るのだときいた ことがあって、それは空を見上げると灰色の影のようで、だが、ゆっくりと舞うように降りてきて手のひらにおちると白いふわふわとしたもので、やたらとはか ないもので、指でつまみ上げようとするほどに消えてしまうほどで、だから、子どもたちは、それが降り始めると空に向かって大きく口をあけ、その、雪、とい うものを直接食べようと、首が痛くなるまでがんばるのだ、とその人は言った。その人はなめらかな肌を、この国の強い太陽に焼かれて真っ赤にしてしまって、 しばらくは情けない顔をしていたけれど、そのうちにいい色に焼けて、だが少年の肌に比べればまだまだ白いと言っていいようで、少年は年上のその人に恋をし ていたのかもしれないが、そんなことはとりたてて考えてみたこともなかったので、今日になるまで思い出すことがなかった。少年は異国の電車に乗っていた。 もう少年ではなかった。雪がどういうものか、もう知っていた。空に向かって大口をあけている子どもたちを、この国の大きな街に来てから彼は一度も見たこと がなかったから、忘れていたのだ。積雪のため、徐行運転をしております、と繰り返しアナウンスの流れる電車の窓から、ふわりふわりと落ちる雪を直接食べよ うと、小さな顔いっぱいに口をあけて、若い女ががんばっているのを見るまでは。子どもではなかった。赤いダウンジャケットを着て、赤い毛糸の帽子をかぶっ ていたのが、見ている間にぽとりと落ちたのを、隣りにいた男が拾い上げた。女はそちらに目をやらぬまま、分厚い手袋をはめた片手を差し出したが、男はその 手に帽子を渡さずに、相変わらず空に向かっている女の頭にぐいっとかぶらせた。目深にかぶらされた帽子を乱暴にひっぱりながら、女は顔中に広げた口で笑い 声をあげたのが、音は聞こえなかったが白い息が大きく浮かんだので見て取れた。あの人はこの国のどこかに暮らしているのだろうか。自分がなぜこの国に来た のか、本当の理由を彼は思い出して、電車を飛び出して、空に向かって大きな口をあけてみたかった。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

昨年秋の第2回「お話&JAZZライブ」、
お客さまからいただいてライブ中に書ききれなかったお題から、
昨日に引き続き、今日も短篇小説風に、
白戸規之さんのお題『雪』でした。


智恵

2014年1月8日