阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第96回『デモ(お話ライブのお土産話その9)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。そのお土産話のここのつめをお送りします。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

 『デモ』

口答えしちゃいけません、と言われて育った人々は、「だって」「でも」が口から出かけても、ぐっとのみこんで、「ええ、そうですね」と言うことに慣れている。
でも。
言ってみたらどうなんだ。
だって。
嫌なんだろう。
でも、って言ってみたらどうなんだよ。嫌なんだって、言ったらどうなんだよ。

みんなと一緒にしなさい、と言われて育った人々は、目立つことが大嫌いで、何をするでもそうっと周りをうかがってる。
でも。
言ってみたら、どうなんだ。
だって。
嫌なんだろう。
おんなじこと考えてるやつら、いっぱいいるんだぜ。

そんなことして何になるの、と言われて育った人々は、これをして何になるか、すぐにわからないと、やっちゃいけないって思っている。
でも。
やらなければ、何も変わらないってことだけが、確かな時だってあるんだよ。
でも。
嫌なんだろう。
やってみないと、わからないってことだって、ほんとにあるんだよ。

そんなことして、責任とれるの、って言われて育った人たちは、責任とれなきゃ、やらないって決めている。
でも。
やらなかった責任だってあるんだぜ。
だって。
嫌だ、でも、いやだって、言ってみたら、どうなんだよ。

嘘っぱちの笑顔なんか、捨てちまえば、いいじゃないか。

お題*楜沢健
曲*イスラエル

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

このお題は、実は休憩前に目に入っていて、あら、困った、って思ってた。デモについて、思うところはたくさん実はあるのだけれど、内容がなんであれデモの話は大嫌い、という人を、親しい人で二人くらい知っていて、ということは、結構、相手を選ぶ話題かな、という感触がありました。けど、だからこそ、なんとか受けて立ちたかった。

休憩時間、少しおかしくなったパソコンを再起動させて、トイレに行って、そこで、「でも。」と思いついた。こんな話、いやかもしれない、でも。往来で大声を出す人、うるさいかもしれない、でも。デモなんか行ったって、自己満足かもしれない、でも。

一度だけデモに行って、私のような体力の人間に、これは到底通えるものじゃないと知って、それから一度も行っていない私だからこそ、「でも。」って言ってみたかった。考え考え書きました。11本のお話のなかで、唯一これだけ、トリオのみなさんに、「もう少し時間ください」とサインを送って、演奏を伸ばしてもらいました。


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」