阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第95回『小説と映画と演劇と音楽(すべてに通じる物語と、その違い)お話ライブのお土産話その8』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。そのお土産話のやっつめをお送りします。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『小説と映画と演劇と音楽(すべてに通じる物語と、その違い)』

どんなものでもそうだけれど、「同じ」っていえば皆おなじ、「違う」っていえば、皆ちがって、彼女はどこまで行っても追いつけない、その「同じ」と「違う」を追いかけるのが大好きだ。
  春が来て、夏が来て、秋が来て、冬が来る。毎年毎年は、その繰り返し。すべての命は生まれて、生きて、そして、死んで、死んだあとはどうなるか、わからない。
  花が散ったり、枯れ葉が散ったりするのを、彼女は春が来るたびに、秋が行くたびに、眺めて、飽きるってことを知らない。

小説と、映画と、演劇と、音楽。
  全てに通じる物語と、その違い。

気になる人に出会うたび、彼女はそのことを問いかけて、その返事はいつも、彼女を満足させない。
  人は生まれ、生きて、死ぬ。
  そのことに、何の意味が?

彼女は追いかけても追いかけても、たどり着けないその答えを探して、今日も物語を編み続けている。
  いつか、彼女のこの苦しみこそが、彼女の喜びだったのだと、その二つにはどんな小さな違いもなかったのだと、気づくときがきて、それでも彼女は舞い散る花弁の一枚一枚が違うこと、散り敷く枯れ葉のどの2枚も同じではないことに、驚き続けるだろう。
               お題*花岡猫子
               曲* 枯葉

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

客席にいらしたビッグバンドのトランペッタ―を、山口さんがステージ上に招かれて、飛び入り参加をいただいての、曲は『枯れ葉』。ビッグバンドのマドンナ、と呼ばれているという彼女は清楚な方。初めはやや遠慮して、でも、トリオのみなさんに後押しされて、だんだん楽しげに、元気に演奏を披露してくださいました。

お話の方はなにやら難しげなタイトル、ぱっと見た瞬間、意味がつかめなくて、頭をかかえて三回ほども読みなおしちゃいました。でも、運よく、お題を下さった猫子さんには本番の少し前に初めてお目にかかってごあいさつしていたのです。ほんの一言、交わしただけで、猫子さんからいっぱい、伝わってくるものがあった。それを素直にことばに変えて、さて、どうかなあと思ったら、終演後「ありがとうございました、まるで私みたいでした」と言っていただけたのが、嬉しかった。

タイトルを先に決めていたら、選ばれたかどうかわからない『枯れ葉』、結局彼女にぴったりで、こういうのって、楽しいです。


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」