阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第94回『急な坂道(お話ライブのお土産話その7)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。そのお土産話のななつめをお送りします。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『急な坂道』

急な坂道です、と、じゅうぶんに聞かされては来たけれど、こうまで急だとは思わなかった。急なうえに、曲がりくねった、細い坂道。これは、曲がりきれない車もあるだろうな。夜になったら、あかりはつくんだろうか。職業柄、そんなことを考えてしまう。

ほんの三分のぼるだけで、息が切れて、汗もかいて、そうしてのぼってきたら、涼しい風が吹いた。ほんの三分のぼるだけで、ほこりっぽいバス道は大きな木に隠れ、まるで避暑地のペンションにでもやってきたみたいだ。森の下には、冷たい川が流れているんじゃないか。もしかしたら、その川には、不思議な魚が泳いでいたりして。

不思議な魚は、きっと銀色のからだをきらめかせて、僕を背中に乗せて海まで泳いでいくだろう。海まで行ったら、銀色の背びれを翼にかえて宇宙まで飛んでいく。僕は、ほこりっぽい町に、もう二度と戻らない。

お題*S
曲*On Green Dolphin Street

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

このライブを企てて、まだ詳しいことは何も決まっていなかった時期に(というか、いつまでたっても詳しいことなんか見えていなかったのも本当のことなんだけれど)、たまたま知り合った方が、「観客の前で小説を書くというのは、いしいしんじさんがやっていますよ」と教えてくださって、あわてて図書館で『その場小説』を借りました。私が考えていたような断片的なものではなくて、ちゃんとした一本の小説を、声に出しながら、原稿用紙に手で書いていくスタイルのようで、いやはや、そんなことは無理、と震えあがったのですけれども、ともかくも作品を何本か読んで、「その場」小説という名付けに、なるほど、と思ったのは、会場になったその場所から物語がスタートすること。そこから、とんでもなく異次元の世界にさまよいこんではいくのですけれど、今、ここ、を物語に取り入れるのは、私もやってみようと思いました。「つゆあけ」「七夕」もそんなお題ではあったけど、「急な坂道」は一番、その色が濃かった。で、この、坂道は、駅から、会場になった「ちゅうりん庵」まで上ってくる、大変な坂道のことです。

まるでペンションに来たみたい、というのは、その日の本番直前、ちゅうりん庵のご夫妻の、心づくしのお弁当をいただきながら、ドラマーの早川さんが窓の外の大きな木を眺めておっしゃった一言で、あの森の下に、線路じゃなくて川がありそうですよね、と言ったのは私。そうそう、とうなずきながら、ピアニストに聞いた話では川釣りなんかによくいらっしゃる早川さん、その川にはどんな魚が泳いでるかなって思っていらっしゃるかしらって。

けど、お題を下さったSさんは、海が好きな舞台監督さん。曲のイメージに現れたイルカに乗って、山の上の小さな川から、大海原に出て行かれたりするのはどうかしら?と、ちょっとした旅の提案なのでした。


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」