阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第93回『家族(お話ライブのお土産話その6)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。そのお土産話のむっつめをお送りします。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『家族』

おかあさんと、おとうさんと、ねえちゃんと、俺と、いもうと。あ、それから、いぬ。それと、めだか。あ、ええと、それから、夏は、せみ。それから、ええと、それから、ありんこと、ええと、くもと、とかげと、ええと、それから。
俺の家族。

おかあさんは、ありんこや、くもや、とかげややもりは、家族じゃないっていう。
いもうとは、くもが大嫌いで、みると、泣く。
俺にとっては、家族だ。だって、おれんちに、住んでるもんな。だったら、ごきぶりだって、家族なの?妹がいうから、そうだぜ、って言ってやった。ちがうわよ、っておかあさんがいって、なんでだよ、俺んちに、住んでるだろっていったら、ちがうわよ、住まわせてやってないわよ。見つけたら、薬かけて、殺してるでしょう、おかあさんは。家族だったら、殺したりしないわよ。

家族って、なんだい。
なあ、家族って、なんだい。
俺は、ごきぶりだって、蚊だって、家族でいいと思うぜ。
妹が泣いたって、おかあさんがぶっ殺したって、やっぱり、家族でいいと思うぜ。
家族だって、殺し合ったり、してんじゃん。

なあ、家族って、なんだい。

               お題*bonpapa
               曲* タルカス/フットプリンツ

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

休憩後の1本目は「ここからは盛り上げますよ!」の山口さんの一声で、クールな雰囲気の「タルカス/フットプリンツ」、一方、お題はといえばあったかいbonpapaさんの『家族』ときて、どうなるんだろうと思ったら、こんなのになりました! 阿藤智恵、かなりノリノリで書いています。……が!実はじつは!直前になんだかPCの状態がおかしくなり、休憩中に再起動を試みたものの復調せず、書いては消え、消えては書き直し、の苦行がここから始まっているのであった! 背中に伝わる脂汗! さあ、どうなる阿藤智恵!

てなわけで、実は「蚊だって」の部分、「蚊って」と書いていた。痛恨の脱字(ここではこっそり、直しました)。朗読の山口さん、戸惑いつつもそのまま読んでくださった。山口さん、困らせてごめんなさい。bonpapaさん、お客様がた、意味不明でごめんなさい。


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」