阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第92回『七夕(たなばた)(お話ライブのお土産話その5』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。そのお土産話のいつつめをお送りします。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『七夕(たなばた)』

こないだ、新聞で読んだ話。
おりひめと、ひこぼしは、一年に一度しか会えないなんて、ずいぶんな遠距離恋愛、ずいぶん寂しいだろうなあと思って、人間たちは、七夕の夜が晴れますように、二人が会えますように、なんてお祈りをするわけだけれど、星の寿命は長い。ながーいその命を、人間と同じくらいに縮めて計算すると、おりひめと、ひこぼしは、なんと六秒に一回、会えてるんだとさ。
なんてこった!
これからは、七夕に雨が降ろうが、どんより曇ってひどい夜だろうが、もう構うことはない。
二人の恋の行方なんかほうっておいて、人間は、人間の願いを、必死に願おうぜ。
誰かさんとむすばれますように。大切な人が、来年も桜を見ることができますように。子どもが夢をかなえますように。無実の人がとらわれることがなくなりますように。人々が殺し合いをやめますように。音楽に心を揺らし、お話に心を躍らせるしあわせを、世界中の人が手に入れられますように。

お題*ほたる/柴田/石鍋勝夫
曲* 星に願いを

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

もちろん、お題を聞いての選曲です。この話、新聞で読んだというのは実話でして、人の恋より自分の欲望、できるだけ人間くさい、低俗な、利己的な、ちっぽけな、お願い事を並べてみようと思ったのに、音楽を聴きながら、どんなことが叶ったらいいだろうなあって思ってるうちに、こんなお願いごとになっちゃった。別に私が人徳高い人間だからじゃなくて、音楽というものの清らかさ、崇高さが、ちっぽけな私をこのようにさせたと思います。

ところでこの二人、ライブが終わって数日してからよーくよく考えてみると、6秒に1回会えるって、ちょっと微妙な関係だった。1分間に10回会えたって、1秒後には離れているわけだから、やっぱり切ない遠い恋? それをまとめて1分間に10秒、1時間に10分とまとめていったとして、6日に1日、一緒に過ごせるなら、まあ、普通の恋人どうしになるのかもしれないけれど、七夕の物語では、「1年に1日ではあんまり悲しいから、7年分をためといて、まとめて1週間の旅行でも……」なんていう選択肢はないわけで、やっぱり織姫と彦星、切ない恋の物語だったんだなあ。

明日が七夕、というタイミング、お三方がこのお題をくださいました。朗読に使った紙を、その場でお題を下さった方にプレゼントしていたのですが、このときはどうしようととっさに思い、「適当に分けてください」なんて口走って笑われて、でも、ちゃんと後から2枚、印刷してお持ち帰りいただきました。「印刷してください」とリクエストしてくださって、嬉しかった。

ここで、10分間の休憩です!


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」