阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第91回『何も言わないで…(お話ライブのお土産話その4)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。そのお土産話のよっつめをお送りします。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『何も言わないで…』
そっと、そのままでいい。
何も言わないで。

出会う前の二人は、まだ生まれていなかったのかもしれない。
君に出会って、そう思うようになった。

同じ空が、同じ信号機が、同じ緑が
なぜこんなにもきらきらと見えるのだろう。
埃っぽいアスファルトが、こんなにも奇跡のように
太陽をうつしている。
何も言わないで……
何も
ただ 二人でいよう

ことばが世界をつまらなくしてしまう前の
ただの二人でいよう。
初めての風
初めての太陽
今 ぼくらは確かに二人でいる。

お題*jam
曲* infant eyes

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

3曲目の『めぐりあい』、ロマンチックなこの曲に、特訓のときは思いきりロマンチックなお話を書いて、山口三重子さんに嫌がられてしまったのでした。そう、山口さんは「ロマンチックが大の苦手」。リハーサルの時にも、あんまりそういうのはやめてくださいね、とか、そういうのがきたら、他の人に読んでもらうから、なーんておっしゃっていて、私としてはそう言われると、うんと困らせたくなっちゃって、「山口三重子を困らせる会会長」を名乗ることに決めたんです。4本目の直前の山口さんのトーク、そんなお話になって、ちょうど、くじ引きのように引き当てたjamさんのお題が『何も言わないで…』。なんというグッドタイミング!よーし、思いきり素敵なのを一本書いてみましょうと腕まくりしたら、山口さん、「それにねえ、ラ行もだめなんですよ、私ニューヨーク帰りなもんですから、la li lu le lo かra ri ru re roならいいんだけれど、中途半端な日本語のラリルレロはねぇ……」なんて言っているではないか! そんじゃ、ロマンチックに加えて、ラ行単語もたくさんつかわなくては! ああ、大変!結局、二兎を追うものはなんとやら、ロマンチックもラ行単語も中途半端になっちゃった……という、これは痛恨の一本。

お題を下さったjamさんは、何を隠そう、この日の会場「ちゅうりん庵」の存在を私に教えてくださった、ご近所の情報通。ライヴのことも私からはお知らせしていなかったのに、ちゃーんと気づいて来てくださった。jamさん、ほんとにありがとうございます!


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」