阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第90回 『(私たちの時代と少しちがう)今どきの女の子(お話ライブのお土産話その3)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。そのお土産話のみっつめをお送りします。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『(私たちの時代と少しちがう)今どきの女の子』

不思議なものね。私たちの頃は、女の子というものはしとやかに、おとなしく、肌を見せずに、笑う時も、歯なんか見せずにそっと、笑うのがいいとされていたものですよ。あなたたちは、今どきの女の子ね。はちきれそうな足をみせて、かがやくような笑い声をひびかせて、恋のお話、どの男の子がすてきで、どの男がいけすかないか(いけすかない、なんていうことば、あなたたちはもうつかわないのね)、電車のなかで、、大きな声で話しているあなたたち。精いっぱいに瞳を大きく見せて、その昔、私たちも憧れたような、金色や、栗色の、すてきな髪をして、おしゃれだって、人前ですることもちっとも恥ずかしくはないのね。
不思議なのはね、みなが眉をひそめるそんな今どきのあなたたちが、私の眼には、私たちのころとちっとも変らない、同じ、女の子に見えるということなのよ。
二度と戻ってこない二十歳の頃、私たちも、心のなかはあなたたちと同じだったわ。恋のこと、おしゃれのこと、少しわずらわしい家族のこと、そして、未来のこと。
そして、もっと不思議なのはね、二度と戻ってこない二十歳の頃の私は、今、こんなおばあさんになった私のなかに、まだ生きているということ。大きな瞳を輝かせて、恋をして、夢を見て、あのときの私は、今もまだ、胸をときめかせているということ。

お題*佐藤友子
曲* めぐりあい

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

「めぐりあい」という曲は、6月の特訓で初めて聞いて、大好きになりました。歌うようなメロディーに、やさしい女の人のお話が生まれました。

そもそも、このライヴを思いついた時は、2時間のライヴで、4本か、せいぜい5本も書けたらいいなと思ってた。お話の書き上がりをきりのいいところで合わせるなんかできないだろうから、音楽の方は音楽の方で進行していただいて、適当なところで朗読を挟む、そんなことを考えてました。だいたい執筆のときに、音楽を聴きながらということは今までほとんどやったことがない私、楽器のすぐ脇で、いったい頭は動くのか?「思った以上に大きな音がしますよぉ」と脅されて(?)、特訓には耳栓を用意して出かけて行ったのです。

ところが、ところが。やってみたら、できたのですよ、一曲に一本。初めは曲を聴きすぎて書くのを忘れそうになったり、書く方に集中しすぎて曲が終わりかけているのに気づかなかったりしましたが、それでもなんとなく最初から、ほんのわずかなずれで、うまい具合に書けそうだった。私のタイミングに合わせて曲を終わらせる方法をあれこれ考案しようとしてくださる皆さんに、いえ、たぶんできますもう一本練習させてください、もう一回やらせてくださいと繰り返しお願いして、特訓の間にだいたい、タイミングがつかめてきた。心配していた音の大きさも、まったく邪魔にはならなくて、むしろ心地よくお話を前に進めてくれる。家で、無音で、五分でお話を書く訓練をしようとしたときは、とうていやれると思えず、一回こっきりで諦めたのに、なんだか書けるではないですか。そして山口さんの朗読は、お話がお話として体をなしていなくても、なーんとなく、まとまってるような錯覚を覚えさせてくれるではないですか!

案ずるより産むがやすし。3曲目にしてぐっと楽しくなってきて、大好きなメロディーに載せたのは、「おばあさん」のお話だけれど、本当は、高校時代、演劇部の仲間だった佐藤友子さんへの、メッセージでもあるのでした。こうして日を置いて読み返すと、手を入れたくなっちゃうけれど、ぐっとがまん、あの日のまんまの、お話です。


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」