阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第89回 『つゆあけ(お話ライブのお土産話その2)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。そのお土産話のふたつめをお送りします。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『つゆあけ』

超特急!
この早さ!
いきなりのお日さま!
いきなりの猛暑!
どうです、こんな昼下がり、ごきげんなジャズと、ごきげん??なお話で、つゆあけをどかんと迎えるご気分は?
いや、暑い、暑すぎる? 夏ばてが心配? そんなことは、いいっこなし!
ごきげんなジャズにのって、さあ、旅に出ましょう!
長い夏は、さて、どこへ?
海へざぶん?
川ですいすい?
高原で虫とり?
汗をかいたら、麦茶をごくごく!
洗濯物も、すぐかわく!
スイカ、ひまわり、蝉の声。
はなび、あさがお、ゆうすずみ。
かとりせんこう、みずぎにゆかた。
長い夏は、今日からです!

あとちえ、みえこの、ハプニングライヴへようこそ!

お題*きくち
曲* Take the “A”train

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

緊張がとけないままの2本目は、「つゆあけ」のお題に対し、ミュージシャンたちの「元気な曲がいいかな」の短い打ち合わせで、『A列車で行こう』。

6月末の「特訓」では、テンポの速い曲は乗りすぎるとミスタッチが多くなり、苦労したのだけれど、あのとき練習したから大丈夫。ちょうど開場したてのとき、「今日、つゆあけなんですって」とお客さまに教えていただいたおかげで、気負わず、幕開きらしい雰囲気のものが書けました。「ごきげん」なリズムに乗ってやっとこさ、旅に出られた感じでしょうか。書き終わる頃、手の震えも止まってました。1本目がこの調子なら、もっと良かったのだけれど、あれがプロローグで、これがオープニングと思えばそれもありって感じもして、いや、まあ、結果オーライです。

「あとちえ、みえこの、ハプニングライヴ」というフレーズは、私がこの話を持ちかけた、ピアニストの山口三重子さんが一番最初の打ち合わせの時、ふと口にされたキャッチフレーズ(?)。「あとちえ」だなんて実際呼ばれたことはないけれど、ちょっぴり気に入ってたりもするのです。

しかしとにかく、前夜から大変な緊張で寝不足で、ニュースを見る余裕もまったくなかった私に、つゆあけを知らせてくださったみちさん、ほんとにほんとに大感謝! あの一言がなかったら、この作文、きっと妙ちきりんになってしまったことでしょう。


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」