阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第98回『上野(お話ライブのお土産話その11)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。アンコールのお土産話をお送りします。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『上野』

上野っていえば、人はどんなことを思うんだろう。

上野。
父が若かったころ、それは、郷愁と、憎悪と、愛着と、疎ましさのモザイクだった。

父は、どこかの病弱なうた詠みと同じく、上野の駅をあてもなくさまよっては、なつかしい故郷のことばに耳をすませたことも、あっただろう。

今は景色も失われ、人々は散り散りに暮す、父のうまれた町。
父は、何も言わない。
テレビから、故郷の音が聞こえてくると、父の肩に力が入るのが、私にはわかる。

私には、故郷がない。
私は、この町で生まれた。

今も、父が上野へいけば、あの町につながる夜行列車が出るような気がする。
父を連れて、上野の駅をさまよってみたい。
懐かしい上野の駅を、父とさまよってみたい。
夢の電車が、父をあの町に連れて行ってくれるように、わたしはひとり、上野の駅を思う。
今は失われた、あの町の海の香りが、今、ここに、漂ってくるような気がする。

お題*みち
曲*スペイン

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

本当は、最後の曲が終わったら、アンコールくらいは、お話を書かず、皆さんとゆっくり音楽を聴くのもいいなって思ってた。けど、さっと見直して、このお題に気づいたら、絶対これを書かなくちゃって、思いました。

みちさんは、震災のおかげで知り合った大切な人の一人。去年、私が岩手に行った時、車を運転して沿岸部を案内して下さいました。盛岡のすてきなりんご園や、遠野の河童の故郷を訪ねることができたのも彼女のおかげ、私にとってとてもとても大切な彼女が、ウェブ上でのライブの告知に真っ先に予約を入れて、はるばる盛岡から来てくださった。お題は「上野」。楽しい時間の終わりに、どうしても、これだけは書きたかった。


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」