阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第97回『男子バスケ部(お話ライブのお土産話その10)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その、おしまいのお土産話をお送りします。

 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆
『男子バスケ部』

あたし、バド部だったのね。あたしの中学の時って、すっごい人数多かったの、学年の。うちの学年だけで、54人いたの、バド部。先輩も入れたら何人だったのか知らない。んで、その何十人で、体育館の半分の、三面しかないバドミントンコートを、男子と分け合ってたのよね。わかる? 何十人に、コート、1面半しかないわけなのね。弱小部だったのも、しょうがないと思わない?

んで、体育館をネットで仕切って、向こう側を、日によって、卓球部だったり、剣道部だったり、バレー部、バスケ部っていろんな部が使うわけよね。最悪なのがね、男バス。男子バスケ部。最悪だったね。あたしたちが一面半のコートに蟻んこみたいに群がってると、どうしてもネットからはみだして、向こう側の邪魔になったりするわけ。あたしとか太ってたしさ、もう、穴があったら入りたかったわよ。

なんで男バスが最悪かっていったらさ、要するに、男バスは、うちの中学きってのかっこいい男子が揃ってたからでさ、あたし、同じ体育館を分け合って、彼にみっともないカッコ見られるくらいだったら、茶道部か何かに入っとけばよかったなって、思っちゃったりするわけだったのよね。

結局、男バスってのは、憧れだったのよね。だからあたし、息子が中学に入った時、絶対バスケに入れって言って、泣くまで言い聞かせたのに、だめだった。男バスの佐藤くん、元気かなあ。

               お題*植松祐子
               曲*Sing,Sing,Sing

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

ここのつめのお話が終わって、ふと時計を見た山口さん、あら、もう3時半、そろそろ、次の曲が最後ですね……そう言われて、またお題を選べなくなって、お客さまに1枚引いていただいて、出たのがこれ。なんと最後にふさわしいお題でしょう。ステージ上の4人、困る、困る。

山口さん、ベーシスト田中さんとドラマー早川さんに、「男子バスケ部だった?」とたずねるも、答えはノー。私の方も、会場の皆様に、「男子バスケ部だった人?」「男子バスケ部のマネージャーだった人?」「男子バスケ部の彼氏と付き合ってた人?」とたずねるも、無反応。と、いうことは、誰も知らないんだ、書きやすい書きやすい、と言ってはみたものの、頭のなかはぼんやりです。とりあえず、男子バスケ部っぽい曲ということで、私の方から「Sing,Sing,Sing」をリクエスト。体育館に響き渡るバスケットボールの音が、聞こえてきそうな気がしたから。しかし、まだ困っているらしい山口さん、あれやこれやとトリオの面白エピソードを語りだした!後で聞くと、ああやって話を伸ばしながら、「Sing,Sing,Sing」を男子バスケ部風に弾く……どうやって?と考えていたらしい。私はそんなこと知らないから、お題のことも忘れ、コントトリオのような三人のやりとりに笑い転げているうちに(ドラマー早川さんが椅子から立ち上がって熱弁をふるったりして)、時間が来て、書き始めて、勝手にこんなお話に。

一言目から山口さんが「バド部?」と吹きだして、お客さまも笑ってくださって、結局、最後にふさわしいお話になったかな。楽しいお題をくれたのは、やはり高校時代の演劇部の仲間でした。ありがとう。


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」