阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第88回『同期(お話ライブのお土産話 その1)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。そのお土産話のひとつめをお送りします。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『同期』

不思議なもので、いつも、いつでも、あのときに戻れる、一番最初の、不安や、おそれ、それから、ときめき、興奮、何もないのに泣きたくなる気持ちが彼女のなかに冷凍保存されていて、何年たっても、溶け切ることがない。わたしの、大切な同期。

学校で、たまたま同級になったクラスメイトとは違う。
わたしが、わたしの意志で、初めてこの道に入った時、同じタイミングで、同じように、大きな決意をして、この道に来た人。
わたしの、大切な、同期。

いつのまにか、遠くにいったあの人。でも、今日という日には、彼女がわたしのことを考えながら、一本のろうそくに灯をともしていることを、わたしは知っている。

わたしの、大切な、同期。

遠くにいても、かならず思っている。今夜は、彼女も、わたしを、思っている。

長く歩いてきたこの道を、このさきもずっと、一緒に歩いて行く。
いっぽんのろうそくが、この道を照らしている。
今夜は、わたしたちの、聖なる夜。
いつも、小さな予感が、心に灯りだしたあの夜を、わたしたちはいつまでも、覚えているだろう。小さな予感は、いつも、いつまでも、この道を、照らし続けるだろう。

お題*ろびん
曲*ひとつの予感・聖夜

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

オープニングのこの1本、いやあ、緊張した。当日は、いきなりの梅雨明け、いきなりの猛暑。初めての道、皆さん無事にいらっしゃるかしらと心配して待っていたら、電車が事故で遅延したりもあって、遅刻の方が多かった。受付のところでしばらく待って、開演時刻になってもいらっしゃらないので、みんなと相談しようかな、とスタジオへ降りていったら、お客さまも早川トリオの皆さんも、ずいぶん待ちくたびれたような雰囲気、すっかり動揺してしまいました。
いやあ、お待たせしてすみません、そろそろ始めちゃいましょうか、遅れている人はどうせ遅刻魔なので……なんてつまらないことを言いながら、実は、ものすごくドキドキしてたんです。どなたも書いてくれないのでは……?と心配したお題も、すぐに何枚か集まって、でもどうやって選んでいいかわからない。とっさに、最前列のお客さまに引いてもらって……出たお題が「同期」。
すうっと曲が始まって、とりあえずキーボードに載せた手が、やだやだ、どうにも震えて止まらない!小さな会場、お客様にも絶対見えてる……とりあえず落ち着いてるふりをしてタイトルなんか打ちこんで、後は野となれ山となれ、音楽の力を借りて、冷や汗かきうつつ書きました。なんだか夢遊病になったみたいだったな。いやはや、いやはや。
お題をくれたろびんちゃんは、いつも絶やさないスマイルが素敵な、大切なお友だち。案内はがきを見て、まっさきに電話をくれたろびんち、ありがとう。弾んだ声に大きなスマイル、見えました。


智恵

2013年7月6日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」