阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第108回 『海(第2回お話ライブのお土産話その1)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話をお送りします。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『海』   

             

海は何度も見たことがあるけど、いつも驚きます。大きな、大きな、大きな水が、寄せて、寄せて、寄せてくる。もう、もういいよ、もうおしまいかな、 まだくるの? まだ、まだ、まだ。わたしの命がうまれるもっと前に、お母さんも、お父さんも、おばあちゃんも、ひいおじいちゃんも、産まれてこないもっと 前に、ひとの命が生まれる前に、かえるの命より前に、魚の命より前に、どんな命よりも前に、海はあって、寄せて、寄せて、寄せて、きていたのだそうです。

             

海は、何度も見たことがあるけれど、いつも驚きます。いのちが産まれてきたのは、この大きな大きな、大きな水の中だと言います。わたしは、わたしのいのち のなかに、大きな大きな、大きな海と同じだけの、大きさがあるような気がする。寄せて、寄せて、寄せても、寄せても、いのちは、消えない。もう、もう、い いよ、もう、おしまいかな、まだあるの?

             

いのちは、大きくて、大きくて、大きくて、わたしは、いつも、驚きます。

             
               お題*T・K
               曲* ひとつの予感

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

2回目のお話ライブ、心配した台風の影響もなくて、ひさしぶりの爽やかな秋晴れ、すてきな日曜日。1回目のライブの時とはぜんぜん違って、わたしはとてもリラックスして始めることができました。
一つ目のお題は、たくさん集まったお題用紙から、お客さまに1枚引いていただいて……この瞬間が、ちょっぴりどきどきするけれど、それもまた、楽しい。 曲は、1回目の時と同じ「ひとつの予感」。同じ曲でも、ぜんぜん違った印象になるのが、JAZZですね。大きなイメージのお話になりました。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」