阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第116回 『緑茶とそば茶 (第2回お話ライブのお土産話その9)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、9つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『緑茶とそば茶』 

            

蕎麦屋さんに行って、ざるそばを頼む。つるっと食べて、ああ、あたし、そばが好きだなあって思うのだけど、それから、そば湯でーすって出てきて、ずずっと 飲むと、ああ、あたし、そばじゃなくて、そば湯が好きなんだって思いなおすの。で、最後に、お茶が出て、それが、蕎麦屋さんだと、そば茶でしょう。そした ら、ああ、あたし、そば茶が好きなんだ。ああ、あたし、そば茶を飲むために、この店に入ったのかもって、あたし、そう思うんだ。

            

だけど、あたしの家には、そば茶がない。

            

あたしんちの家にあるのは、いつもたくさんあるのは緑茶。あたしは、緑茶を、買ったことがない。ばあちゃんちから送ってくる。あたしは、緑茶を入れるのがあんまり上手じゃないから、いつも、家で緑茶を飲むと、ああ、ばあちゃんに会いたい、と思う。

            

あたしのばあちゃんは、お茶を入れるのがすごく上手だ。

            

ばあちゃんちに行ったら、まず、座って、荷物なんかそのへんにほっておいて、まず、座って、お茶。それはそれはきれいな色をして、きれいな香りをして、飲 んだ後もずっと目の前が緑茶の色にそまるような、それはそれは、おいしい緑茶。ばあちゃんちに行くと、あたしはいつも、やっぱり、お茶は、緑茶だなあって 思う。

            

緑茶とそば茶。あたしがこの話を始めたのは、ただたんに、さっき、ペットボトルのお茶を選ぶのに迷ったからだけど、考えてみたら、ばあちゃんが死んで、もう4年になる。あれからあたしは、緑茶をほとんど、飲まなくなった。

            
               お題*やっちゃん
               曲* The Days of wine and roses
               読み手*金崎麻衣

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

タイトルを聞いて、ピアニスト山口さん、ひとまず人にふってみ る。「早川さん、どう?即興でいってみない?」あわてた早川さん、「え?俺が?」「うん、だって、一番、そば茶っぽい」なんのことだかわかりませんが、ふ られた早川さん、考えます。「うーむ……そば茶と麦茶……」ちがいますよ、緑茶とそば茶です!!考え込んだトリオのリーダー、早川さんをそのままにして、 山口さん「お客様がだんだんリラックスしてくださってるのがわかると、こちらもリラックスしてきますねえ。やっぱり、『読んでください』って指名されるん じゃないかと思うと、緊張しちゃうんですね」わかりました、もう、当てませんから!と宣言する阿藤、だけど、後になって「ほんとはちょっと読んでみたかっ たんだ……」とか言ってくる人、あるんじゃないんですか?いるんだよねえ、そういう人が!そこで山口さん「じゃ、ちょっと、きいてみましょう。えー、お客 様の中で、『読んで』と言われたら……やるって人は、手を、挙げないでください!!!」トリッキーな質問で、とっさに手を挙げられたのは、普段から山口先 生の質問に慣れていると見える、ゴスペルコーラスグループのお三方のみ!あまりの客席の凍りつきように、「いえいえ、もう、あてませんから……」と皆さま に安心していただいたところで、だいたい、このようにあらぬ方向に会話をふっているときの山口さんは、内心、曲目をあれこれ考えているのでありまして、 さっと振りむくなり「じゃ、酒薔薇で始めて、途中からだんだんそば茶の方に行きましょう」やっぱりなんのことだかわかりませんが、トリオの中ではこれで通 じてしまうのですね、演奏は、酒と薔薇の日々でした。わたしは、そば湯が、大好きです。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」