阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第115回 『炎と氷のうた』 (第2回お話ライブのお土産話その8)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、8つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『炎と氷のうた』
             
出会えないふたり。
炎と氷。
ふたりは手を伸ばす。
けれどふたりは触れあえない。
炎と氷。
どちらがどちらを負かすのか。
どちらがどちらを制すのか。
ふたりは求めあう。
けれどふたりは触れあえない。
炎と氷。

遠くに輝くものがあって、
炎はそちらに目を向けた。
炎と氷。
遠くにきらめくものがあって、
氷はそちらに這っていった。
炎と氷。

魔法の鏡の中で、炎と氷は初めて出会う。
鏡のなかに、姿はあっても熱はない。
炎と氷は手を取り合う。
炎は氷をとかさない。
氷は炎を弱めない。

魔法の鏡の中で、炎と氷は抱き合って
そうしてふたりで、少し泣いた。
おたがいの熱を感じたくて、さわった感じを知りたくて
炎と氷は手を取り合って抱き合って
そうしてふたりで、少し泣いた。
炎と氷。
燃えるような、凍るような、炎と氷のうた。
悲しくて焦げるような、しあわせにとけるような、炎と氷のうた。
               お題*リコ
               曲* タルカス
               読み手*山口三重子

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『タルカス』は1回目のライブの時に演奏して、ジャズ好きのお 客さまに「まさか聴けると思わなかった」と喜んでいただけたので、今回もどこかで演奏してくださいとお願いしていた曲。いいタイミングですてきなお題が出 て、前回よりさらに、ぐっとくる演奏だったような気がします。曲とタイトルのドラマティックな大きさに比べ、さて「お話」はと言うと、うーむ、今読み返す と迫力不足のようにも感じますが、他のお客さまから後日メールで「切なかった……!」とわざわざご感想をいただけたので、あのときの、あの音楽に満たされ た空間では、何かこう、「燃えるような、凍るような、焦げるような、とけるような」感覚を、共有できたんだろうとも思うのです。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」