阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第114回 『かぶ』 (第2回お話ライブのお土産話その7)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、7つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『かぶ』 
             
「かぶ」!
ぼくらのチームの合言葉、
どんなときでも、ぼくらは「かぶ」!

かっとばして、ぶっとばす!

ぼくらのチームは弱小チーム。
だからいつでも負け試合。
弱虫チームのぼくらだからこそ、合言葉。

かっとばして、ぶっとばす!

ぼくらはバットを振り抜くんだ。
たとえボールに当たらなくても
それが、ぼくらの「かっとばす」

ぼくらは力の限りに走り抜くんだ。
たとえアウトにされたって
それが、ぼくらの「ぶっとばす」

ぼくらのチームの合言葉。
どんなときでも、ぼくらのゲームは「かぶ」なんだ!
               お題*きみちゃん
               曲* feel so nice
               読み手*山口三重子

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

休憩後のひとつめのお題は、「かぶ」。聞いた瞬間、え? 株?  蕪?と動揺するミュージシャンたち。ひらがなで「かぶ」といえば、普通は「蕪」だろうと思いつつ、黙っていたら、山口さんの頭の中はすっかり「株!大き なもうけよ帰っておいで!」ってわけで、選ばれた曲は”You’d be so nice to come home to”。

お題は「蕪」だろうなあと思いながら、しかし、ああ、曲は「株」だなあ、と思って大苦戦。大きく振って、できればかっとばして、ホームに帰りたい……「株」からは離れられても、曲に引っ張られて、「蕪」に近づけず、あわわ、のうちに、タイムアウト。

どっちなんだ? どっちなんだ? 演奏者も、書き手も、たぶん 聞き手もどきどきしつつ、お題を下さったきみちゃんにマイクをお渡ししたところ、「あの……来る途中に、八百屋さんの店先に、とってもおいしそうなかぶが あったから……」あらら、やっぱり、蕪だった!それでもきみちゃん、「すごく素敵な曲になって……」と喜んでくださいました。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」