阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第113回 『寒くて動けないやつ』 (第2回お話ライブのお土産話その6)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、6つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『寒くて動けないやつ』 
             
寒くなると動けないやつっているよな。
いるね。
たとえばさ、熊とか。
じゃなくてさ
あ、蛙。
じゃないよ。ニンゲンの話だよ。
あ、いるいる、あたしの彼がそうなんだよね。
寒くなると動けないっていうの。
そ。
で、実際かたまってんの。こんな感じで。
切ねぇ。
うん、切ないよ。
で、どうすんの。
あっためる。
あっためる?
あっためると動くの。
動く。徐々に解凍されて?
いいね、それ。
いいでしょ。
でも、離れるとまた固まる。
そっか。
じゃ、離れられない。
そ。
だからずっとくっついてる。
何の話、これ?
だから、寒くて動けないやつだよ。
あ、そうか。
熊じゃなくて。
蛙とか。
人間だってば。
               お題*Dream
               曲* 即興(トリオ)
               読み手*Aiko

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

次のお題も完全即興。タイトルを聞いたピアノの山口さん、なぜ かベースの田中さんにかなり強引に振る。有無を言わさぬご指定に、わかりました……とはじめる田中さん。うん、確かに、固まってる……。ベースソロだと 思っていたら、ピアノもドラムも入ってきて、それからなんだか温まってきちゃったのかな、寒くて動けなかったやつが動き出したみたい、と思ったら、また固 まった、と思ったので、素直にそう書きました。

読み手は、こちらもかなり強引に山口さんから指名を受けたAikoさん。突然の「台本形式」の作文を、まったく迷いなく、楽しく読んでくださり、「すごく読みやすかった」とおっしゃってくださって嬉しかった。

曲が終わって「途中で解凍されましたよね」って聞いてみたら、 田中さん「うん、がまんできなくなって……」。でも、やっぱり最後はみんなで固まりました。お題を離れすぎちゃいけませんものね。3人のミュージシャンと わたし、4人で凍って溶けてまた凍って。それをお客さまが読み手になって、もう一度凍って溶けてまた凍って。お題を下さった方も、お客さま方も、凍って溶 けてまた凍ったことでしょう。なんとも楽しい寒さ体験でした。

ところで、お話ライブ始まって以来、訓練含め30本以上書いた 中で、これが初めて出てきた「台本形式」。出てきた瞬間、驚きました。なんで忘れていたんだろう!わたし、こういうのが本業だったんじゃないの!たぶん、 無意識のうちに封印していたんですね。たまに封印を解くと楽しいです。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」