阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第112回 『地元愛(第2回お話ライブのお土産話その5)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、5つめ。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『地元愛』
             
もしもしかめよ、かめさんよ、世界のうちでお前こそ。

そう、俺は遅い男だ。
突っ走るのが好きなやつは、それは都会に出るんだろ。
都会に出て突っ走って、だけどそれでもたぶん俺は、都会のかめになるだけだ。
俺が都会に出ないのは、うさぎにからかわれるのが嫌なんじゃない。
かめにはかめの、暮らしがあって、
かめの喜び、かめの仕事、かめの大忙しがあって
そうだ、俺はこの町が好きだ。

恋をするなら地元の女。
聞きに行くなら地元の音楽。
食いに行くなら地元の野菜。

そう、俺はこの町の、この町のかめだ。
               お題*杉山貴
               曲* 即興(トリオ)
               読み手*三浦千枝

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

第1回目のライブでは、スタンダードナンバーだけの演奏だった のを、今回は、完全即興をやってみよう、ということになってました。これは、経験豊富な早川トリオにとっても初の試み。リハーサルで少しだけやってみて、 だけど即興って練習できるものでもないですものね、ま、やってみますかと迎えた本番でした。今か今かと思っていたら、いよいよ5曲目にして、「次は即興で 行きますか」という運びになって、お題を引きましたらば「地元愛」。ちょっと意外なお題です。誰がやる?……と押し付け合いが始まったトリオのやりとりに 割りこんで、お題の杉山さんの地元はピアニスト山口さんと同じ厚木でしょ? だったらピアノからじゃないんですか。「わかりました」と鍵盤に向かった山口 さん、迷う様子もなく、そう、「もしもし、かめよ……」と弾きだしたのです。意表をつかれたドラムとベースのふたり、見ていた人の話では、それぞれの反応 がすごく面白かったらしい。わたしももちろん、ポーカーフェイスを装っていましたが、何も考えられなくなって素直にひきずられ……しかし考えてみたら、わ たしもかねがね、地元愛を生きようと考えている身の上。音楽が展開するのに合わせ、ぐぐっと持ち直して持論を展開しようとあがいた結果が、こんな結果にな りました。三浦千枝ちゃんの晴れやかな朗読のあと、いささか不安になって、ご本人に伺いましたら、「かめ」呼ばわりもご不快ではなかったようでホッとする やら汗が出るやら……いや、スリル満点、楽しかった。これは実際、ライブのその場でしか味わっていただけない世界かも。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」