阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第111回 『鍵穴(第2回お話ライブのお土産話その4)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、4つめ。

 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『鍵穴』
             
小さな穴が、開いていたのですよ。
それは、いつも、学校から帰る途中の、大きなお屋敷の、黒い、板塀に。
いつも、歩いている道だったのに、その黒い板塀は、わたし、なんとなく好きじゃなくて、あんまり、よく見ないで、どっちかというと、反対側を見るようにして、さっさと、通り過ぎるようにしていたのですよ。
だけどその日は、どうしてだったかしら、なんとなく、ふっと、立ち止まって、黒い板塀を、見たのです。
小さな、穴だったのです。
それは、まるで、鍵穴のようでした。
わたしは、あたりを見回してから、ドキドキする胸をおさえて、そうっと、そうっと、手に持った、ほそい小枝を差し込んだ!

かたりと音がして、黒い板塀は大きく開いた!
目の前には、見たこともない素晴らしい、花園! 匂い立つ赤い花、燃えるような青い花、輝くような緑色の花。凍りつくようなオレンジの花。それから、それから、紫色のメロン、黄色いぶどう、ペパーミントの匂いのりんご!

わたしは、少しの間そこにいて、たくさんのお花を摘んで、おなかいっぱい果物を食べて、それから、どうやっておうちに帰ったのか、わかりません。

それからは、いつも、塀といわず、壁と言わず、周りをじっと見ながら、注意して歩くようにしているけれど、あれから50年、どこにもあんな鍵穴を見たことはありません。
               お題*キリ
               曲*Alice in wonderland
               読み手*山口三重子

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

キリさんは、第1回目のライブの時も来てくれたのですが、お題をくださったのは初めて。こんな、嬉しいご感想をくださいました。

「『鍵穴』は大人っぽい後ろめたさ(?)を感じる言葉だと思ってリクエストしました。
でもお話の冒頭から、私の小学校近くにあった当時としてはお洒落な白い家を思い出し「あーあの家のことだー。黒い板塀なんてなかったけど、きっと私が気付かなかっただけなんだ!」と、どんどん記憶の中の風景と勝手に結びつけて深くお話世界に入り込んで楽しみました。」

このお話には、他のお客さまから 「鍵穴、是非見つけたい!」なんてご感想も。あのときは「不思議の国のアリ ス」のメロディーに導かれているだけのつもりだったけれど、いつもの場所で、突然、異次元への扉を開けてしまう、というのは、いつもわたしが書いているお 芝居に近い世界かもしれません。見つけたいと思えば(いえ、もしかしたら思わなくても)、きっと鍵穴は、見つかりますよね。

ところで、いろんな花や果物を、イメージたっぷり、楽しく読ん でくださっていた山口さんが、最後の最後「50年」というところで、「あちゃー!そんな昔の話だったとは!」と、読みながらぎょっとした声になったのが、 おかしかった。いえ、わたしも、書きながらちょっと、驚いたのですけどね。そんなところもまた、即興の楽しみです。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」