阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第110回 『ハロウィーン(第2回お話ライブのお土産話その3)』

 

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話、3つめ。

 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

             

『ハロウィーン』  

             
お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!!!
もうすぐハロウィーン。
わたしが子どもの頃には、そんなお祭りなかったけれど
お祭りだったらなんでも好きよ!

今年の仮装はなんにしよう。
すてきなすてきなハロウィーン。
お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!!!

隣りの窓から聞こえる歌声。
隣りは気ままな独り暮らし。
俺はもちろん、ハロウィーンなんかは無縁の男だ。
隣りの女はどうしてあんなに陽気なのか。

お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!!!

ハロウィーンまではあと4日。
日曜日のうちに、お菓子を買いに行っておくか。
               お題*Y・M
               曲*メイプル・リーフ・ラグタイム
               読み手*三浦千枝

 

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

ハロウィーンにはあまり縁のない人生を送ってきたわたしです が、4日後の31日に駅を通ったら、立派なハロウィーンメイクの女子高生がたくさんいて、なんだか楽しい眺めでした。制服姿の可憐な女子高生が、目じりと 唇から鮮血を垂らしているなんてのは、いやはや、平和でなければこうはならん。いつまでもこんな遊びのできる世の中であってほしいものだなあ、まったく。 そして、そんな恐ろしい顔をしていても、可憐な女子高生はやはり可憐であり続けるという発見。いやはや、10代、恐るべし。

読み手は、ライブのお手伝いをしてくれた三浦千枝さん、やはり文化学院の元学生です。わたしが初めて学院のお芝居を手掛けた時、彼女は1年生で、思い出せばかなり長い付き合いになりました。「ワカメちゃん」のニックネームで、わたしの「缶詰日記」にも度々登場しています。


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」