阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第109回 『人生の分かれ道(第2回お話ライブのお土産話その2)』

ひょんなことから思いついて、いきなりもちかけて、いきなり実行して、思った以上に楽しかった「お話&JAZZライブ」。その2回目のお土産話をお送りします。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『人生の分かれ道』

この年になると、振り返ることがたくさんあって、今までの人生のなかで、たくさんの別れ道を歩いてきたことを、悲しみでもない、痛みでもない、後悔ではもちろんない、それでも少し、眼がしらが、つんとするような、そんな温かさを感じるために、思い出をひとつひとつ、胸の奥から探し出すことがあります。

それは、彼女にプロポーズをした夜のこと、あるいは、ボスと喧嘩をして、ほんとうにこんな仕事、やめてしまおうとしたたか酔って迎えた最悪の明け方のこと、故郷のまちから夜行列車に乗った時のこと、そんな、大きな別れ道だけではありません。

ある日、角を曲がって見つけた小さな花屋の前で、出会った小さな女の子。
  ある日、ふとラジオから流れてきたはじめてなのに懐かしい曲。
  ある日、見上げた空に浮かんでいた鳥のような雲。
  ある日、海のなかで出会った不思議な色の魚。

小さな、小さな出会いや、いえ、もしかしたら、何かに出会ったことじゃなく、出会わなかったことまでが、小さな、なにげない、なんでもないひとつひとつや、ゼロやゼロが、人生の別れ道だったと、この年になって、ふと、思ったりするのです。   

               お題*白戸規之
               曲* めぐりあい
               朗読*金崎麻衣

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

「めぐりあい」というこの曲は、早川トリオとの初めての顔合わせで初めて聞いたときから大好きで、いつも気もちよく、お話が書けるお気に入り。いえいえ、このライブでトリオの皆さんが演奏する曲のなかに、書きにくい曲というのは、全くないのですけれど、じゃあ、どんな曲でも気もちよく書けるかといえばそうではないのでありまして、秋のライブ直前、“特訓”のために、別の本番のためのリハーサルにお邪魔した時、女声コーラスと繰り返し練習なさっていたマイケル・ジャクソンの「スリラー」やら「バッド」やらは、いやはや、むつかしかったのです! リズムの問題か、歌詞があるせいなのか、女性たちの踊りのためか、わかりません。

お話を読んでくれた麻衣ちゃんは、文化学院で一緒に芝居づくりをした最後の卒業生。前もってお願いしていたとはいえ、遅刻して客席に着いたばかりのところを指名して、ちょっぴりドキドキさせてしまったみたいです。でも、在学中から度胸のあった彼女、緊張をものともしない堂々とした朗読でした。感謝!


智恵

2013年10月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」